Youtubeはじめました!チャンネルはココから

Chromebook「Zork」というハイエンドなAMDプロセッサ採用モデルが開発中?

Google The ChromebooksChromebook

今回は海外サイトAboutChromebooksからですが、Chromebook「Zork」というコードネームの新たな機種の開発が進んでおり、その機種は高性能なAMDプロセッサを採用しているということが報告されました。

screenshot-chromium-review.googlesource.com-2019.04.10-06-56-11

今回「Zork」でテストされているAMDプロセッサ(APU)は、ハイエンドのPicassoチップで、性能的に言えば「Acer Chromebook Spin 13」や「Lenovo Yoga Chromebook C630」のCore Uシリーズと同等の性能を発揮することが期待されています。

スポンサーリンク

AMD採用のハイエンドChromebook

下記が今回採用されるPicassoの性能について。

amd piccaso apu

どの型番を採用するかははっきりしていないようですが、いずれにしても今年に入って発表されたエントリークラスのChromebookよりも性能面では上であることは間違いなさそうです。

またIntelのCoreプロセッサとの違いを考えると、AMD 3500UであればCore i5-8250Uと同じコア数/スレッド数ですし、周波数的には上となるため、よりIntel Uシリーズ採用のChromebookよりも性能は良くなる可能性を秘めています。

ただ現時点ではベンチマークなどの情報がなく、はっきりとは言えませんが、少なくともハイスペックなAMDプロセッサ採用のChromebookの開発が進んでいるということだけは確かだと言えます。

ちなみに参考元によれば、このChromebook「Zork」は2-in-1モデルである可能性も指摘されています。

ともかく、今後はCPUも含めてChromebookの選択肢が増えてくるというのは嬉しいことです。

これからも情報は追っていきたいと思います。

参考Meet Zork: A Chromebook reference board powered by more powerful AMD Ryzen chips

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech