Youtubeはじめました!チャンネルはココから

Acerが国内法人・文教向けに「Chromebook Spin 511 R752T」の2機種を7月11日から発売!

acer-chromebook-spin-511-r752tChromebook

今年の1月末に英国で行われていたBETTにて発表された、「Chromebook Spin 511」というシリーズがあります。

今回、日本国内の法人・文教向けで「Chromebook Spin 511」シリーズから「R752T-N14N」と「R752TN-N14N」の2機種を7月11日から発売するとプレスリリースがありました。

いずれも基本構成は同じで、タブレットにもなるコンバーチブルタイプのChromebookとなっていますが、「R752TN-N14N」のみWacomのスタイラスペンに対応しています。

ということで、さっそく両者のスペックを見ていきます。

スポンサーリンク

スペック

acer-chromebook-spin-511-r752t-r752tn

R752T-N14NR752TN-N14N
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
タッチ対応
CPUCeleron N4000
1.1-2.6GHz(2core)
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
リアカメラ5MP AF Webカメラ
2,592×1944 / 1080p
フロントカメラHDウェブカメラ / 720p
インターフェースUSB−C(3.1) ×2
USB-A(3.0) ×2
イヤホンジャック
バッテリー約10時間
その他MIL-STD 810G準拠MIL-STD 810G準拠
Wacom feel対応スタイラス付属
サイズ幅296×奥行206
×厚み19.95mm
重さ1.25kg

なにか違いが出てくるかも…と思ってまとめましたが、本当にスタイラスペンに対応しているかしていないかだけの違いになっているようです。

acer-chromebook-r752tn-stylus

どちらのモデルもコンバーチブルタイプですので、タブレットのようにして使うことができるため、本体格納式のスタイラスペンが付属するかしないかの違いで選ぶということになりそうです。

まず基本的な性能面でいえば、おそらく2019年のスタンダード的な位置づけになるCeleron N4000を採用し、4GBRAMとなっていますので、よほどの作業を求めない限りは問題になることはない、普通のスペックとなっています。

文教向けということもあって、リア・フロントともカメラがありますし、リアカメラの方が若干性能は良くなっているので、授業の一環で使用する際には十分な性能だと思います。もちろん法人でも会議中のボードの写真や展示会などで様子を撮ったりするにも十分なものでしょう。

ポート類も充実していますし、法人・文教いずれも使い勝手は悪くないと思います。

また、MIL-STD 810Gに準拠した堅牢性能も有しており、1.25kgと11インチとしてはやや重たいものの持ち運びや移動中の衝撃などにも耐えれるため、大人でも子供でも安心できる仕様となっています。

スポンサーリンク

バッテリー性能についても、約10時間駆動ですので、外に持ち出して使うにも十分ですし、仕事や授業で屋内を移動しながら1日使うとしてもよほど酷使することがなければ安心だと思います。

そして問題の価格についてですが、現時点ではまだオープン価格としているため、はっきりとしたことはわかっていません。

しかし、国内では前モデルとして考えられる「Spin 11」シリーズの2モデルが、それぞれ45,000円と55,000円ほどで家電量販店に並んだことを考えると、今回の「Spin 511」シリーズもそれと同程度の価格になると予想されます。

いずれにしても、発売は7月11日からということでまだしばらく時間がありますので価格については様子見といったところでしょう。

詳しくは公式プレスリリースをチェックしてみてください。

ちなみに余談ですが、国内の前モデル的な位置づけの「Spin 11」シリーズの型番は「R751T」となっていますので、今後購入の際は型番にご注意ください。

そんな「Spin 11 R751T」シリーズは、Amazonやビックカメラでも購入可能なので参考までに。間違えないでね。

ビックカメラで「R751T」を見る

…本当にAcerのモデル名はわかりづらいくて辛い(笑)

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech