Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

Lenovoが国内でも「Chromebook S330」を販売開始。3万円台で買えるMT8173C採用のエントリーモデル

Lenovo-chromebook-S330-image Chromebook

なんと、意外にもLenovoから日本向けで「Lenovo Chromebook S330」が販売開始となりました!

直販なので個人でも購入できると思いますが、現時点では最短3〜4週間程度となっていることとUS配列であることが注意するところかと思います。

ちなみに、嬉しいことにAmazonにもラインナップされていまして、こちらは7月15日発売となっています。

と言いますか、この「Chromebook S330」は海外では昨年8月末に発売されたモデルなので、1年遅れで国内リリースなので、もっと早く出してくれれば…。

そのため、自動更新ポリシーの期限は、2022年6月までとやや短めかな。

スペックについては、過去に何度かまとめていますが、改めて紹介しておきます。

スポンサーリンク

Lenovo Chromebook S330のスペック

Chromebook
S330
ディスプレイ14インチ IPS
1,366 × 768
1,920 × 1,080
CPUMediaTek MT8173C
1.3-2.1GHz(4core)
RAM4GB
内部ストレージ32GB / 64GB eMMC
外部ストレージmircoSD
ポートUSB-C ×1
USB3.0 ×1
HDMI ×1
イヤホンジャック
バッテリー最大10時間
その他Androidアプリ対応
サイズ幅325.7 × 奥行232.35
× 厚み20.8
重さ1.5kg
価格HDモデル:36,180円
FHD(32GBストレージ):39,852円
FHD(64GBストレージ):42,228円

国内向けでは珍しく、14インチのHD(1,366×768)解像度の構成を選択できるようになっています。スペックと価格についてはこのようになっています。

フルHDモデルも、基本構成としてはスタンダードな位置づけのChromebookで、1.5kgとやや重めの印象を受けるものの、使いやすいものかと思います。

先に価格についてお伝えすると、HDモデルが36,180円、フルHDモデルのストレージ違いで、それぞれ4万円前後となっています。

スポンサーリンク

ただLenovoが公式で配布しているクーポンを利用することで、いずれのモデルも4万円以内に収まりますので、かなりコストパフォーマンスに優れたChromebookだと思います。

ですので、個人的にはフルHDモデルのどちらかを選択するほうが良いと思います。

しかし、ひとつ注意点があるとすれば、国内販売モデルとは言っても、キーボードがUS配列となっている点でしょうか。

日本語配列でなくても良いのであれば、価格的にもスペック的にもChromebookの入門用として、サブ機としてバランスの良いモデルだと思いますので、検討してみる価値はあると思います。

海外で発売されてから1年近くが経過していますので、すでに輸入して購入・レビューしている方もちらほらいらっしゃいますので、悩む方はそういったレビューを参考にするのも良いかと思います。

ちなみに購入は、Lenovo公式の他、Amazonなどでも販売されるようですので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。