Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

Chromebook「Atlas」の新しい画像が登場。Google「Pixelbook」後継機の可能性が再び浮上

rumor-chromebook-atlas-display-edge-imageChromebook

過去に何度か登場している、Chromebook「Atlas」と呼ばれるモデルについて、新たな画像が登場しました。

今回登場した画像は、ディスプレイの右上部にフォーカスが当てられたものだけですが、ベゼルの狭いデザインとフレーム部分のアルミニウムの縁取り、天板角部分の丸みをみると、「Pixelbook」と同じようなデザインになっています

rumor-chromebook-atlas-display-edge

過去にChromebook「Atlas」として登場した動画では、このフレーム部分は黒くなっていましたが、丸みを帯びたデザインなどは変化がないことから、おそらく当初は開発段階であったためと予想されます。

キーボードのカラーリングも変更されることが予想されますが、今回の画像からは判断できないのが残念ですね。

スポンサーリンク

少なくとも、今回の画像の登場によって、Chromebook「Atlas」は、「Pixelbook」よりもベゼルが狭くなったディスプレイであることは間違いありませんし、フレームの丸みもより丸くなっていることがわかります。

また、GoogleがChrome OSを搭載するタブレットデバイスの中止を発表したことが記憶に新しいですが、ひとつの可能性として、Chromebook「Atlas」はコンバーチブルタイプではなくクラムシェルタイプになるのではないかとも予想されています。

もちろん確定しているわけではありませんし、さらに言えばChromeUnboxedは画像内のケーブルに注目しており、もしこのケーブルがChromebook「Atlas」に挿してあるなら、位置的にコンバーチブルタイプのChromebookである可能性が高いとしています。

pixelbook display mode 800x600-Chromebook「Atlas」の新しい画像が登場。Google「Pixelbook」後継機の可能性が再び浮上

※参考画像

となると、画像ではこんな感じでキー面を底にして、ディスプレイだけを向けてるスタイルで撮影されているということですね。

あとは上下のベゼルはまだ幅が残されているのが気になるところですが、タブレットとして利用するときにベゼルが細すぎても持ちにくいため、あえて残してあると考え、コンバーチブルタイプの可能性が高いとも言われています。

いずれにせよ現時点では、Chromebook「Atlas」はデザイン的に「Pixelbook」に似ているということもあって、後継機種である可能性が再び浮上してきたということですね。

この他のスペックについては、4kディスプレイを採用する可能性など過去の情報から動きがありませんので、今後の動向を注視していくしかありません。

開発のペース的に、「Pixelbook」が発表されてから2年後となる今年10月に発表される可能性があるため、また近い内に何からの情報が出てくると思います。

楽しみだな!

参考Potential Made by Google Chromebook ‘Atlas’ appears again in new image

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech