Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

AcerがChromebook「314」、「315」、「311 / Spin 311」の4モデルをIFA2019で新しく発表

acer-ifa-2019-chromebook-fixChromebook

IFA 2019にてAcerがChromebookの新モデルとして「Chromebook 314」、「Chromebook 315」、「Chromebook 311 / Spin 311」の4機種を発表しました。

ただ、今年の1月時点で「314」を除いた同じ名前のモデルが発表されていて、「315」に関しては今回のモデルがテンキー搭載ということなので、若干の変化があるようです。

ということで、私自身も混乱していますので、今回発表のあった4つのモデルについてわかっているスペックをまとめておきます。

またAcerらしく、型番がかなり混乱する感じになっています。
ですので、型番についてはスペック表の名前部分に表記してあります。

なお価格については、ドル変換なのかドル相場なのかはっきりしていないので、実際にはもう少し高い可能性があることだけご注意ください。

スポンサーリンク

Chromebook 314 のスペック

acer chromebook 314 800x533-AcerがChromebook「314」、「315」、「311 / Spin 311」の4モデルをIFA2019で新しく発表
 Acer Chromebook 314
(CB314-1H / 1HT)
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
アンチグレア
タッチ/非タッチオプション
CPUCeleron N4000
Celeron N4100
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大12時間
価格279ドルから

現在わかっているスペックについてはこのようになっています。

14インチとしてはかなりベーシックなChromebookとなっていて、Spinの名前がないためクラムシェルタイプとなっています。

CPUもCeleronのN4000もしくはN4100を採用するため、2019年のChromebookとしてはスタンダードな性能ですし、8GBRAMとこちらも申し分のないものと思います。

ポート類も充実し、バッテリー駆動時間も長いので使い勝手が良さそうなモデルです。

ただサイズと重さについてははっきりとしていないため、この点がやや気になるところ。

価格はN4000採用モデルが300ドル以下になるとすれば、低価格なエントリークラスChromebookとしてはかなり強力なモデルだと思います。

スポンサーリンク

Chromebook 315 のスペック

acer chromebook 315 800x533-AcerがChromebook「314」、「315」、「311 / Spin 311」の4モデルをIFA2019で新しく発表

今年の1月に発表された「315」とはまた違っているようで、テンキーを搭載した15.6インチモデルとなっています。

 Acer Chromebook 315
(CB315-3H / 3HT)
ディスプレイ15.6インチ IPS
1,920 × 1,080
アンチグレア
タッチ/非タッチオプション
CPUCeleron N4000
Celeron N4100
Pentium Silver N5000
RAM最大8GB
内部ストレージ最大128GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大12.5時間
その他テンキーあり
価格279ドルから

こんな感じのスペックです。

お気づきの方もいると思いますが、1月に発表された「715」に非常に近いスペックを持ちつつも、指紋センサがなくなっているため、廉価版的な位置づけになるかと思います。

ちなみにこちらもクラムシェルタイプのChromebookになってます。

しかしそれでも、オプションでPentium Silver N5000を選択できるなど、Chromebookとしてはハイスペックよりのモデルに仕上がっています。

おそらく、N4000と4GBRAM、32GBストレージが最下位モデルとして存在し、上位で8GBRAM搭載の…という構成になると思いますが、いずれもIPS方式のフルHDディスプレイを備えていますので、法人向けとしては導入コストを抑えつつ、Chromebookとしてはスタンダードなスペックを手に入れられるので、かなりお得感があるかと思います。

ただ、テンキーの存在が良くも悪くも…というところですし、さすがに重さがあるようなので、持ち運びを考えないのであれば、選択肢として間違いなく入ってくるかと思います。

価格は、279ドルからスタートとなっていますが、どの構成からかはっきりしないところがあるため、今後の動向を注視する必要がありそうです。

スポンサーリンク

Chromebook 311 / Spin 311 のスペック

acer chromebook 311 800x533-AcerがChromebook「314」、「315」、「311 / Spin 311」の4モデルをIFA2019で新しく発表

こちらは1月に出た同名モデルが、Celeronを搭載したものとなっています。

 Chromebook 311
(CB311-9HT / 9H)
Chromebook Spin 311
(CP311-2H)
ディスプレイ11.6インチ
1,366×768
タッチ/非タッチ
11.6インチ
1,366×768
タッチスクリーン
CPUCeleron N4000
Celeron N4100
RAM4GB最大8GB
内部ストレージ最大32GB最大64GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大10時間
その他Wacom EMRスタイラス対応
重さ1.06kg1.2kg
価格249ドル329ドル

こちらはこのようなスペックになっています。

両者の違いは言うまでもなく、クラムシェルタイプの「311」か360度ヒンジを採用してタブレットモードが使え、EMRスタイラスペンに対応する「Spin 311」となっています。

採用するCPUはどちらも共通ですが、RAMやストレージは「Spin 311」の方が上となっている点に注目です。

また、Acerにしては11インチでも比較的軽いモデルを出してきたと思いますので、スペックやタッチ操作、タブレットモードの利用などと価格によって選ぶ感じですね。

ただ気になったのが、今回の探した情報の中ではMIL-STD 810G(MILスペック)について触れられていないので、もしかしたら今回発表されたモデルは準拠していないのかも。

ですので、タフな現場での利用を想定するとなると、詳細が明らかになるまでは飛びつかいない方がいいかもしれません。

ということで、今回発表された4つのモデルについて簡単にまとめておきました。

なおいずれのモデルも、年内に発売となるかは定かではなく、早ければ今年の後半から来年にかけて動きがある…というような感じです。

せっかくいいモデルなので、できるだけ早めに展開してくれると嬉しいですよね。