YouTube始めました!チャンネルはココから

CTLが「Chromebook NL71CT / NL71TW」シリーズのGemini Lake-R搭載モデルを発表

ctl-chromebook-nt71Chromebook

日本ではあまりメジャーではありませんが、米国の教育向けではわりと知られているCTLから「Chromebook NL71」シリーズのCPUアップグレード版を米国市場で5機種発表しました。

基本的なデザインなどは共通していて、タッチスクリーンやスタイラスペンの有無など僅かな変化になっています。

スポンサーリンク

スペック

 NL71CT/CTXNL71TW/TX-X2
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
CPUCeleron N4020Celeron N4120
RAM4GB4GB
8GB
内部ストレージ32GB32GB
64GB
外部ストレージmicroSD
カメラあり
1MPフロントカメラ
5MPリアカメラ
ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
HDMI ×1
イヤホンジャック ×1
USB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック ×1
ネットワークWi-Fi 802.11ac
Bluetooth 5.0
バッテリー最大12時間
スタイラスペン
Wacom EMRスタイラスペン(別売)
その他70cm落下テスト
外れ防止キー
キャリーハンドル
70cm落下テスト
外れ防止キー
キャリーハンドル
重さCT: 1.11kg
CTX: 1.29kg
TW: 1.29kg
TW-X2: 1.59kg

スペックについてはこのようになっています。

2020年のスタンダード…となるかは微妙なところですが、性能面で言えば2019年の多く採用されているCeleron N4000と大きく変わらないものとイメージしてもらえればよいと思います。

CTLのChromebookは、独自基準の堅牢性と有していて、さらに本体の堅牢性を高める外装(ケース)をオプションで選択できるため、とにかく丈夫な機種を選択したい場合には面白い選択になると思います。

ちなみに、いままで一部のモデルは天板部分がホワイトボードとして利用できるオプションがありましたが、どうやら「CTL NL71TW」がスタイラスペンに対応したことによって、そうでないモデルもホワイトボードオプションが選択できなくなったようです。

スポンサーリンク

せっかくユニークなモデルだったのに、ここに来て良くも悪くも普通のChromebookとなってしまったみたいですね。

ちなみに構成と価格ですが、以下のようになっています。

CPURAMストレージ機能価格
NL71N40204GB32GB269ドル
NL71CTN40204GB32GBタッチスクリーン299ドル
NL71TN40204GB32GBタッチスクリーン
360度ヒンジ
339ドル
NL71TW(1)N41204GB32GBタッチスクリーン
360度ヒンジ
EMRスタイラス
379ドル
NL71TW(2)N41208GB64GBタッチスクリーン
360度ヒンジ
EMRスタイラス
399ドル

日本では正規販売していないモデルですので、多くの方にはあまり関係のないモデルだとは思いますが、海外ではこういった教育機関向けのモデルも存在しているんだという感じで見て貰えればよいかと思います。

興味のある方は、CTLの公式サイト(英語)をチェックしてみてください。

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech