YouTube始めました!チャンネルはココから
当ブログのイチオシChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookのなかから、
おすすめできるモデルを厳選しました。

特集を見る

NECが「Chromebook Y2」を発表。GIGAスクール構想に基づく文教向けLTE対応モデル

nec-chromebook-y2-releaseChromebook

ついに国内メーカーのNECが、GIGAスクール構想の実現に向けて、LTE対応モデルを含む「Chromebook Y2」を発表しました。

製品の出荷は2020年6月下旬の予定となっています。

ひとまず、「NEC Chromebook Y2」のスペックについて。

スポンサーリンク

スペック

 
NEC Chromebook Y2
ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
CPUCeleron N4020
RAM4GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD
カメラ
イン・アウトあり
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
その他
LTE対応モデルあり
価格オープン

このようなスペックとなります。

教育向けの11.6インチとしては、スタンダードなモデルだと思いますが、CPUがGemini Lake Rとなっているため、教育現場での使用であれば十分すぎる性能を有していると思います。

RAMとストレージも標準的な容量ですし、これなら困ることはなさそうですね。

ただ、現時点で公開されている情報の中では、MILスペックなどの堅牢性に関する記載が見つけられませんでしたが、前モデル「Chromebook Y1」ではMIL-STD 810Gに準拠し、落下試験クリアや防滴キーボードを搭載していましたので、「Y2」も同様だと思われます。

あと気になるところとしては、スタイラスペンの有無についての記載がないところですが、これも前モデルでは不要と判断しているようなので、「Y2」にもなさそうですね。

おそらくこのモデルで特長的なのは、LTE対応モデルがあることで、例えば校外学習などで外でも使うことはできますし、何らかの事情でWi-Fiを使えない場合などには、対応策として搭載されていれば安心だと思います。

なお価格については、オープン価格ということになっています。

スポンサーリンク

まとめ – あくまで文教向けです

前モデルとなる「NEC Chromebook Y1」と同様で、NEC独自の教育クラウド「Open Platform for Education」を組み合わせたデバイスですので、単純に機種のスペックだけで語るものではありません。

その点だけは、注意していただければと思います。

とは言うものの、これまでに投入される教育向けのChromebookはイマイチなものが多かったのは正直に思うところですが、性能面で見ても「NEC Chromebook Y2」は結構頑張ったんじゃないかなと思います。

とくにLTE対応モデルはこれまでに機種が限られていましたので、ここで投入してくるというのは面白い選択肢ですし、学校の方針によってはアリだと思います。

いずれにしても、これで国内メーカーも遅れずにChromebookを出してきたということなので、これからまた楽しくなりそうですね。

今回の「NEC Chromebook Y2」およびGIGAスクール構想に関するNECの発表については、プレスリリースをご覧ください。

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech