YouTube始めました!チャンネルはココから
当ブログのイチオシChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookのなかから、
おすすめできるモデルを厳選しました。

特集を見る

日本Acerがスタイラスペン付の「Chromebook Spin 511 R752TN-G2」も文教向けに発表。GIGAスクール構想対応

acer-chromebook-spin511-r752tn-g2-imageChromebook

2月20日に日本エイサーが「R752T」というモデルを文教市場向けに発表していますが、続いてEMRスタイラスペンが付属した「Acer Chromebook Spin 511 R752TN-G2」の投入も発表しました。

こちらもGIGAスクール構想に対応したモデルとなっていて、2020年8月に発売するとしています。

スポンサーリンク

R752TN-G2 のスペック

Acer Chromebook
Spin 511
R752TN-G2
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
CPUCeleron N4020
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
インカメラ720p
アウトカメラ5MP AF
ネットワークIEEE802.11ac
Bluetooth 5.0
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間約10時間
その他MIL-STD 810G
Wacom feel対応スタイラスペン
※本体収納式
サイズ296×206×19.95mm
重さ1.25kg

スペックについてはこのようになっています。

基本的な性能としては、20日に発表された「R752T-G2」とまったく同じで、違いはWacom Feel対応のスタイラスペンが付属しているかしていないかとなっています。

どちらも同じ「Spin 511」というシリーズになりますので、外観の素材や配置も同じものとなっています。

ただ、今回の「R752TN-G2」はスタイラスペンを収納しておく部分が追加されています。

spin511 wacom feel-日本Acerがスタイラスペン付の「Chromebook Spin 511 R752TN-G2」も文教向けに発表。GIGAスクール構想対応

それ以外でもほとんど共通で、堅牢設計となっていて米国軍規格のMIL-STD 810Gに準拠していますので、学校向けモデルとしてはスタンダードなものと思います。

GIGAスクール構想に対応したChromebookであるので、このスペックが今後のスタンダードなものとなりそうですね。

スポンサーリンク

ちなみにこのモデルも、国内ではAmazon等ですでに販売されている「R752TN」をベースとして、CPUの載せ替えたものとなります。

性能面では大きな差があるほどではありませんし、個人ザーやビジネス用途としてであれば、Amazonなどチェックしてみるのも良いと思います。

今回発表された「Acer Chromebook Spin 511 R752TN-G2」についての詳細は、公式プレスリリースを御覧ください。