YouTube始めました!チャンネルはココから
当ブログのイチオシChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookのなかから、
おすすめできるモデルを厳選しました。

特集を見る

Lenovoが「300e / 500e Chromebook 2nd Gen」と「10e Chromebook Tablet」を発表。GIGAスクール構想に準拠

lenovo-chromebook-3modelsChromebook

ここに来てLenovoも国内文教向けにGIGAスクール構想準拠の3つのChromebook、「Lenovo 300e Chromebook 2nd Gen」と「Lenovo 500e Chromebook 2nd Gen」、そして海外ではBETTで発表されたばかりの「Lenovo 10e Chromebook Tablet」を投入することを発表しました。

「300e」と「500e」は、すでに国内で発表されていたモデルのアップグレード版となりますが、「10e Chromebook Tablet」はまったくの新機種(Duet Chromebookがベースですが)となっています。

スポンサーリンク

スペックについて

今回発表された3つのモデルのスペックを以下にまとめます。

Lenovo 300e Chromebook 2nd Gen

lenovo 300e chromebook 2ndgen-Lenovoが「300e / 500e Chromebook 2nd Gen」と「10e Chromebook Tablet」を発表。GIGAスクール構想に準拠
ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
CPUAMD A4-9120C
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラ720p インカメラ
5MP アウトカメラ
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間約10時間
サイズ290×204×20.35mm
重さ1.32kg
その他Active Pen対応
MIL-STD 810G準拠
価格48,000円(税別)

昨年までのモデルは、MediaTekのCPUを搭載していましたが、今回はAMDに置き換わっていますが、立ち位置はあまり変わらず、コストを抑えたスタンダードな性能のChromebookとなっています。

また、Active Penというスタイラスペンに対応しているため、キーボード操作が慣れない子どもでも対応できるようになっています。

もちろんMILスペックに準拠した堅牢性がありますが、1.32kgという重さがあるため、低学年であれば家庭と学校間を持ち運ぶというよりも、学内や授業で使う感じの方が良さそうですね。

価格は48,000円(税別)となっていて、2020年3月に発売を予定しています。

Lenovo 500e Chromebook 2nd Gen

lenovo 500e chromebook 2ndgen-Lenovoが「300e / 500e Chromebook 2nd Gen」と「10e Chromebook Tablet」を発表。GIGAスクール構想に準拠
ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
CPUCeleron 4120
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラ720p インカメラ
5MP アウトカメラ
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間約10時間
サイズ290×204×20.35mm
重さ1.32kg
その他電子ペン
MILスペック
価格58,000円(税別)

スペックはこのようになっています。

こちらは昨年のモデルからCPU性能が引き上げられ、Celeron N4120を搭載しています。

それ以外の構成については、「300e Chromebook 2nd Gen」と同じになっていますが、対応するスタイラスペンがActive PenではなくLenovo 電子ペンであることが違いです。

使い勝手については、両者が大幅に違うということはないと思いますが、「500e」の方がパワフルな動作をするため、例えばデータを扱う機会が多いような授業のときは、こちらの方が余裕のある動作になると思いますので、中学生とか高校生などにはこちらのモデルの方が良さそうです。

性能が良い分、価格も58,000円(税別)とやや高めとなっています。

こちらも2020年3月発売予定になっています。

Lenovo 10e Chromebook Tablet

lenovo 10e chromebook tablet-Lenovoが「300e / 500e Chromebook 2nd Gen」と「10e Chromebook Tablet」を発表。GIGAスクール構想に準拠
ディスプレイ10.1インチ
1,920 × 1,200
CPUMediaTek 8183
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージなし
カメラ2MPインカメラ
5MP アウトカメラ
ポートUSB-C ×1
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間約16.5時間
サイズ249.5×163.6×9.45mm
※252.5×166.6×20mm
重さ520g
※960g
その他キーボードフォリオ
USIスタイラスペンサポート
MILスペック
価格52,000円(税別)

海外で発表されたとき、その詳細がはっきりせず謎に包まれていましたが、まさか日本で発売するとは思いませんでした。

すでにLenovoは「Duet Chromebook」というタブレットデバイスを発表していましたが、その後のイギリスで行われたBETTという教育イベントでこの「10e Chromebook Tablet」を発表しています。

その時の情報も加えて言えば、このモデルはUSIスタイラスペンをサポートしており、もちろんMILスペックにも対応しているはずです。

また、ここでは詳しく書かれていませんが、おそらくこの価格であればキーボードフォリオ、カバーがセットになっていることが期待できます。

CPUはMediaTekのMT8183と新しい世代になっていますし、10.1インチは現状国内では「ASUS Chromebook Flip C101PA」だけとなっているため、かなり面白い立ち位置のデバイスになると思います。

価格は52,000円(税別)で、こちらも3月に発売予定となっています。

個人的には「Duet」が先だと思ってましたが、まさかこっちが先に出てくるとは…。

プレスリリース GIGAスクール構想の標準仕様に準拠 教育分野のICT利活用の促進をサポートする4モデルを発表

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech