YouTube始めました!チャンネルはココから
当ブログのイチオシChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookのなかから、
おすすめできるモデルを厳選しました。

特集を見る

日本HPがGIGAスクール構想準拠のChromebook「11 G8 EE」と「x360 11 G3 EE」を投入

hp-bett-2020-release-chromebooksChromebook

本日、第2回目となる”GIGAスクール自治体ピッチ”内で日本HPもGIGAスクール構想に準拠したChromebookを2モデル投入することを明らかにしました。

ここで明らかとなったモデルは、今年の1月にロンドンで開催された教育向けイベントのBETTで発表されている最新のChromebookとなっています。

それを踏まえて、今回国内で投入される「11 G8 EE」と「x360 11 G3 EE」を紹介しておきます。

スポンサーリンク

スペック

 HP Chromebook
11 G8 EE
HP Chromebook
x360 11 G3 EE
ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
CPUCeleron
RAM4GB / 8GB
内部ストレージ16GB
32GB
64GB
32GB
64GB
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p
アウトカメラ5MP AF
ネットワークBluetooth 5.0
AC 9560 802.11ac
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大13.5時間最大13時間
その他MIL-STD 810G
防滴キーボード
ラバーバンパー
取り外し防止キーキャップ
サイズ295.0 x 205.3
x 18.8mm
305.8 x 207.8
x 21.1mm
重さ1.32kg1.47kg

現在、HPの公式サイト上に公開されている情報はこのようになっていますが、国内版向けではなく海外向けとなっているようですね。

そのため、実際に国内で発売されるモデルのCPUとRAM、ストレージの構成については、2020/03/24(15:08)時点では明らかになっていません(動画内ではあったと思いますが、しっかりと見えず)。

海外での構成を見た限り、RAMとストレージは表内の構成ですが、CPUはCeleron N4000、N4020、N4100、N4120の4つが存在しているようです。

おそらく、国内で投入されるモデルは他のメーカーと同じく、N4020もしくはN4120だと思いますが、詳細が確認できれば追記・補足します。

また、”GIGAスクール自治体ピッチ”での質問にもありましたが、360度回転するヒンジとアウトカメラが搭載されるモデルは「x360 11 G3 EE」のみとなっていますので、その点はご注意ください。

スポンサーリンク

MILスペックの13項目をクリアし、落下テストも76cmの高さからコンクリートへ、122cmの高さから合板へとクリアしているようです。

どちらもGIGAスクール構想に準拠するモデルとしては標準的ですが、2020年のスタンダードなChromebookとしても優秀なモデルだと思います。

が、ガチガチに固めたモデルであるがゆえに、どちらも11.6インチというサイズにしては重さがあります。

MILスペック対応の同クラスChromebookからしても、少し重めの印象がありますので、持ち運ばせるデバイスではなく、授業で教室内で使わせるようなモデルと言えそうですね。

日本語の情報はまだ限られているようですが、詳細についてはHPで一部掲載がありますので、ご確認ください。

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech