YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

ChromebookでWindowsアプリを動かすCrossOverがChrome OSを正式にサポート

crossover-20-for-chrome-os-releaseChrome OS

これまでにChromebookでは、WebアプリだけでなくAndroidアプリ、Linuxアプリのサポートもしていますが、アプリに関してはまだまだ解決できない問題はあります。

例えば、日本における多くのユーザーにとって、Chromebookで最初にぶつかる問題は”Windowsアプリが動かない”ということですが、この点については現在、Googleがそれを解決するべく独自の手段に取り組んでいます。

しかし、Googleが取り組んでいる機能は現時点では企業向けとされており、一般ユーザーが利用できるかどうかはわかっていません。

そこでサードパーティのCodeWeaversが開発する「Crossover」というアプリがあるわけですが、最新バージョンの「Crossover 20 for Chrome OS」で、ついにChromebookでもWindowsアプリの動作をサポートしたことを正式に発表しています。

スポンサーリンク

CodeWeaverは、2017年からChromebook向けのCrossoverをリリースしていましたが、ChromeアプリではなくAndroidアプリで動作するものでした。

今回新しく発表されたバージョンでは、AndroidアプリだけでなくLinuxコンテナを利用したものとなっているようです。

How to Install CrossOver on Chrome OS

このChrome OS向けとなった「Crossover」アプリは、40ドルでの現行バージョン買い切り、現行バージョンの12ヶ月サポートとアップデート付きで60ドル、無期限サポートとアップデートは500ドルという価格で販売されています。

また注意点としては、お手持ちのChromebookが以下の条件を満たしていることが必要です。

  • Linuxがサポートされた機種(2019年以降の新モデルなら大丈夫)
  • Intelプロセッサ
  • 2GBRAM
  • 200MB以上のストレージ+インストールしたいアプリの容量分

このような条件ですが、2019年以降に販売されている比較的新しいChromebook(国内ではなく海外で)を購入している方は問題ないかと思いますが、CPUがインテル製でなければなりません。

さらにWindowsアプリケーションのすべてにCrossOverとの互換性があるわけではないため、CodeWeavers公式の互換性データベースから確認する必要があります。

ただ、掲載されいてる情報は海外向けアプリがほとんどのようなので、国内のアプリケーションが使えるかどうかは定かではない…ということもあって、ちゃんと購入前には14日のトライアルもあるので、試しておくのが無難だと思います。

もしChromebookを使っていて、どうしてもWindowsを使いたいor使う場面が出てしまった…という方には、Crossoverという選択肢もあるので、検討してみてみるのも良いかもしれません。

ちなみに私、トライアルやってみます。

Source: 1

Chrome OS
スポンサーリンク
フォローをお願いします!
HelenTech