YouTube始めました!チャンネルはココから
イチオシのChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookのなかから、
おすすめできるモデルを厳選しました。

特集を見る

CTLが海外の教育機関向けに「Chromebook VX11」を発表。オプションで耐圧カバーが選べる

CTL-chromebook-vx11Chromebook

日本ではGIGAスクール構想に準拠するモデルとして、教育機関向けにいくつものモデルが発表されていますが、海外でも同じような性能を持つ「CTL Chromebook VX11」がCTLから発表されています。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
アンチグレア
CPUCeleron N4020
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラ720p Webカメラ
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
ネットワークIntel Wireless-AC 9560
バッテリー最大12時間
その他防滴キーボード
着脱防止キートップ
強化ポートと電源部
落下テストクリア
最大165kg耐圧カバー(オプション)
サイズ292.1×203.2×20.5mm
重さ1.14kg
(1.29kg)
価格229ドル

スペックと価格はこのようになっています。

教育機関向けChromebookとしては、海外も国内も大きく変わらないスペック構成となっているようです。

11.6インチにHD解像度のアンチグレアディスプレイ、Celeron N4020と4GBRAM、32GBストレージを搭載した2020年のスタンダードと言ってよいモデルです。

ヒンジは最大180度まで開きますが、仕様を見た限りタッチスクリーンには対応していないようです。

Wi-Fi接続には、インテルのAC 9560が搭載され、最大1.7GHzのギガビット通信が可能となっている点が2020年モデルっぽい感じですね。

スポンサーリンク

CTLのChromebookの特長とも言える堅牢性ですが、MILスペックに準拠したとは書かれていないため、いつもの独自基準による堅牢性の保証となっています。

防滴キーボードや着脱防止キー、滑りにくい加工の外装、強化されたポート類や落下テスト済みといった基本的な堅牢性の確保だけでなく、今回はX-PANELと呼ばれる最大165kg(365ポンド)に耐える耐圧カバーもオプションで用意されています。

オプションなしで1.14kgと比較的軽量で、X-PANELを含めても1.29kgと堅牢性を謳うモデルとしてはわりと軽めなので、かなり面白いモデルに仕上がっていると思います。

また、バッテリー駆動時間も最大12時間と学校で使うにも文句のないものですし、価格も229ドルとなっているので、かなりバランスの取れたモデルになっていますね。

堅牢性やホワイトボードに定評のあるCTLから、まるでGIGAスクール構想向けのようなモデルが登場したのでとても楽しそうなんですが、現時点ではそういった話は出ていないため、あくまで海外の教育機関向けモデルという位置づけなので、ご注意ください。

ただ、今回の販売代理店にはSYNNEXが含まれているんですよね…無いとは思いますが、あったらとても楽しい展開になるんじゃないでしょうか。

プレスリリース CTL Announces the Launch of its Affordable Chromebook VX11