YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

DELLが「Latitude 7410 Chromebook Enterprise」を海外でリリース

dell-latitude-7410-chromebook-enterpriseChromebook

すでに情報をお伝えしていましたが、DELLが正式に「Latitude 7410 Chromebook Enterprise」を海外で発表しました。

昨年リリースされた「Latitude 5300 / 5400」の改良版とも言えるモデルで、14インチでクラムシェルかコンバーチブルかの違いによる1モデル展開となります。

スポンサーリンク

DELL Latitude 7410 Chromebook Enterpriseのスペック

複数のスペック構成がありますので、ざっとまとめて掲載しておきます。

ディスプレイ14インチ
フルHDアンチグレア@タッチスクリーン
or
4K@低ブルーライト(コンバーチブルのみ)
CPU第10世代 Core i3
Core i5-10510U
第10世代 Core i7
RAM8GB / 16GB
内部ストレージ128GB
256GB
512GB
NVMe SSD
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p
プライバシーシャッター付き
その他バックライトキーボード
MIL-STD 810G(17項目)
アクティブスタイラス対応
オプション内蔵プライバシーフィルター(SafeScreen)
LTE
ネットワークBluetooth 5.1
Wi-Fi 6
バッテリー52WHr ExpressCharge対応バッテリー
or 52WHr長寿命バッテリー
or 68WHr EpressCharge対応バッテリー
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
HDMI
サイズ321.35×211.48×1.6mm
重さ1.39kg(クラムシェル)
1.63kg(コンバーチブル)
自動更新ポリシー2028年6月

現在、米国の公式サイトに掲載されているモデルはCore i5を採用するモデルしかありませんが、今後i3やi7を搭載するモデルも登場することが期待されます。

ディスプレイは14インチというサイズは共通ですが、クラムシェルタイプにフルHDのノングレアとタッチ非対応あるいはタッチ対応か、コンバーチブルタイプでも同様のもの、もしくは4Kの低ブルーライト機能を備えたものかを選択できるようになります。

最大16GBRAMと最大512GBストレージは、「5300/5400」よりも減りましたが一般的なビジネス用途であれば十分な仕様だと思います。

今回もLTEやWi-Fi 6対応もオプションとして存在し、バッテリー駆動時間も最長21時間と外など移動して使う方でも安心して使える機種となっています。

MIL-STD 810Gに17項目クリアするなど堅牢性があるため、ードな環境でも安心して使えるのも特徴ですが、クラムシェルが1.39kg、コンバーチブルは1.63kgとやや重たい印象なのが残念なところかもしれません。

スポンサーリンク

ただし、ポート類の充実やプライバシーシャッター付きWebカメラの存在を考えると、会社やリモート作業先に置いて使うChromebookとしては文句ないと思います。

Wi-FiがないエリアでもLTEオプションを利用することで、どこでも仕事ができる環境を構築できるというのも良いですね。

果たしてこれほどハイスペックなモデルがどれほど必要とされるかはわかりませんが、「5300 / 5400」に続きDELLが出してくるということは、エンタープライズ市場ではそれなりに需要があるんだと思います。

私も過去の2つのモデルをレビューしていますが、”WindowsノートパソコンがChrome OSになっただけ”と言える機種ですし、とくにFnキーの存在はリモートでWindowsを使うユーザーにはピッタリなモデルだと思います。

一般ユーザーからするとChromebookらしくない雰囲気もありますが、あくまでビジネス向けのChromebookであることは忘れないようにしましょう。

そして国内でのリリースについてはまだ発表されていませんが、ちょっと調べてみたらDELLの日本公式にページが追加されていたので、近いうちに発表されるかもしれません。

詳しいことは公式サイトを御覧ください。