Podcastはじめました!サイトはコチラから

DELLがLTE対応の「Chromebook 3100」を海外教育市場向けでラインナップに追加

dell-relase-chromebook-3100-lte-modelsChromebook

CESでもBETTでもないタイミングのようですが、DELLが海外の教育市場向けにLTEをサポートする「DELL Chromebook 3100」をラインナップに追加し、2021年春頃に発売予定としています。

この「Chromebook 3100」は、2019年4月に日本でも文教向けとしてクラムシェルタイプ、2-in-1コンバーチブルタイプの2モデルが展開され、その後にGIGAスクール構想に合わせてCPUがアップグレードされたモデルも出ていますが、LTEサポートモデルは国内外ともリリースされていませんでした。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
アンチグレア
非タッチ
CPUCeleron N4020
RAM4GB
内部ストレージ16GB / 32GB eMMC
ネットワークLTEサポート(XMM7360)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi ac(AC9560)
ポートUSB-C ×1
(USB-A ×1)
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間最大14時間
(65W充電)
その他防滴キーボード
(MIL-STD)
落下テストクリア
サイズ303.9×207.9×20.8mm
重さ1.29kg

今回、海外で追加されたモデルのうちWi-Fiモデルは、日本のGIGAスクール構想準拠のモデルと性能面で大きな違いはありません。

しかしLTEサポートモデルのみ、USB-Cポートが一つに減り、microSDカードスロットがなくなり、さらにUSB-Aポートも1つになる(もしくはなくなる)可能性があるようです。

これまで不足していたLTE対応モデルの追加は嬉しいところですが、削られたところもあるので少し悩ましいところです。

スポンサーリンク

とは言え、LTEモデルが選択できるようになるというのは、Wi-Fi環境が整っていない場所でもChromebookの導入が容易になりますし、対応モデルが数少ない現状では貴重な存在といえます。

安価な価格と頑丈な構造、さらにLTEサポートによって教育現場での活用が期待できる新しい「DELL Chromebook 3100」ですが、販売価格や明確な時期については明らかとなっていません。

日本でのリリースも不明ですが、最近の教育現場へのChromebook投入の様子を見ていると、有り得そうな気がしています。

ちなみに海外では、2021年後半に個人向けでも購入できるようになるようですので、日本国内でも個人向けのLTEサポートモデルが増えると嬉しいですね。

Source: Android Police

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech