スポンサーリンク

富士通が14インチの「FMV Chromebook 14F」を販売開始。Web限定モデルも

fmv-release-chromebook-14fChromebook

本日(2021/11/16)、富士通が国内初のコンシューマー向けChromebookとして14インチの「FMV Chromebook 14F」を販売開始しました。またショッピングサイト「WEB MART」にてWeb限定モデルの「FMV Chromebook WM1/F3」の受注開始も発表しています。

国内メーカーではNECがChromebookをリリースしていましたが、あちらは文教向けとなっているため、実はコンシューマー向けChromebookがリリースされるのはこれが初となります。

詳細は富士通WEB MARTにChromebookの特設ページが開設されていますので、そちらをご覧ください。

ちなみにAmazonではCore i3/8GBRAM以外のモデルが販売されています。

スペックについては、以下にまとめておきます。

スポンサーリンク

スペック

 FMV
Chromebook 14F
FMV
Chromebook WM1/F3
ディスプレイ14インチ 広視野角
1,920 × 1,080
ノングレア
タッチスクリーン
CPUCore i3-1115G4
RAM8GB4GB
内部ストレージ128GB PCIe64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
HDMI
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
カメラHD Web(0.9MP)
バッテリー最大10時間
その他日本語配列キーボード
サイズ323.8×216×19.9mm
重さ1.29kg
価格82,280円79,800円
自動更新ポリシー2029年6月

WEB MARTモデルとの違いはRAMとストレージと価格によるだけで、あとは共通しています。

これまで文教向けイメージしかなかった国内メーカーのChromebookですが、コンシューマー向けということもあってハイエンドなモデルと言える仕上がりになっています。

とくに上位となる「FMV Chromebook 14F」は、8GBRAMに128GB PCIeストレージを搭載しているため、HPはASUSの最上位機種レベルの性能を発揮することが期待できます。

ポート類も充実し、何より14インチで重さが1.29kgとかなり軽量な部類ですので、普段使いだけでなくビジネスや学校でも扱いやすいモデルだと思います。

一方、タッチ操作には対応していますがクラムシェルタイプであることとUSIペンなどには非対応となっている点に注意が必要です。

また国内メーカーであるため日本語配列キーボードとなります。

が、公式サイトでも実機画像が公開されているように、国内メーカーらしくしっかりとキーピッチやサイズを確保したキーボードレイアウトになっている点は安心できます。

キートップもわずかに凹形にしていたり、キー位置によってキーの重さを変えているなどタイピングのしやすさを重視したモデルとなっているなど、これまでにない工夫がされているのも特長です。

最後に価格についてですが、性能と構成を見る限りハイエンドChromebookとしてコストパフォーマンスには優れていると思います。

また国内メーカーであることからサポートや保証など安心感もありますので、これからChromebookを購入する層は予算次第ではあるものの、検討する価値はあると思います。

個人的には価格差や性能差を考慮すると「FMV Chromebook 14F」(Core i3/8GBRAM/128GBストレージ)をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech