YouTube始めました!チャンネルはココから

GoogleとParallelsが提携してエンタープライズ向けChromebookでWindowsアプリのサポートを計画

pixelbook-go-thumbChrome OS

GoogleはMac OSの仮想化ソフトでお馴染みのParallelsと提携することで、エンタープライズ向けChromebookに限ってWindowsアプリケーションをサポートする計画があることを発表しました。

Chromebook、Chrome OS全体で質問が多いのは、やっぱり”Windowsアプリが動くか”ということなので、今回の計画発表により、WindowsアプリがネックでChromebookに移行できなかったユーザーなどにはかなり救いの話になると思います。

スポンサーリンク

しかし冒頭でも書いたように、Parallels for Chrome OSはエンタープライズユーザー、つまり一般ユーザーが使うChrome OSでは使えず、Chrome Enterpriseでなければ利用することはできないようです。

そうなるとせっかくの機能も、企業向けに限定されてしまうので個人ユーザーが気軽にWindowsアプリをChromebookで使うことができないとなるので、これはちょっと残念ですね。

Windowsアプリの完全サポート計画は今秋までに実現することをプレスリリースが伝えていますが、現時点ではParallels for Chrome OSがどのように機能するかはハッキリとしていません。

しかし、「Microsoft Officeを含むフル機能のWindowsアプリをChromebook Enterpriseデバイスにシームレスに追加」とリリースで触れられていますので、Mac OSでお使いの方はイメージできると思いますが、Parallels Desktopと同じように、完全なオフラインサポートでChrome OSにネイティブで統合されると思われます。

スポンサーリンク

これがもし実装されれば、これまでにようにChromebookをリモートデスクトップのクライアントとしてだけではなく、Windowsマシンとしての機能も利用できれば、さらに活用の幅が広がってくると思います。

そしてハイスペックなChromebookにも必要性が…!

いずれは一般ユーザーでも使えるようになることを期待しますが、まずはエンタープライズ向けに無事実装されることを祈って、今後の情報を追いたいと思います。

Chrome OS
スポンサーリンク
購読・フォローはこちら!
スポンサーリンク
HelenTech