スポンサーリンク

Googleの「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」のスペックがリーク。5年間のソフトウェアアップデート対応か

google-pixel-6-pro-render-leak-01Android

今年の後半にリリースが期待されているGoogleの次期フラッグシップモデル「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」ですが、本体のデザインだけでなくスペックについてもようやくリークされました。

今回もリークですので、正式リリースでは変更される可能性はありますが、Google初の独自チップを備えたスマートフォンになることが過去のリークからも示されています。

スポンサーリンク

今回リークされた「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」のスペックは以下のとおりです。

Pixel 6

  • 6.4インチ AMOLED
  • Google独自プロセッサ
  • 8GBRAM
  • 128GB / 256GB ストレージ
  • リアカメラ 50MP(広角)+12MP(超広角)
  • フロントカメラ 8MP
  • 4,616mAh バッテリー
  • Android 12

Pixel 6 Pro

  • 6.71インチ プラスチックOLED
  • Google独自プロセッサ
  • 12GBRAM
  • 128GB / 256GB / 512GB ストレージ
  • リアカメラ 50MP(広角)+48MP(望遠)+12MP(超広角)
  • フロントカメラ 12MP
  • 5,000mAh バッテリー
  • Android 12

これまでのPixelシリーズから大きく違う点はデザインだけでなく、リアカメラが大きくアップデートする可能性があることです。

これまで12MPのメインカメラを使い続けていましたが、リークでは50MPのメインカメラと12MPの超広角カメラ、「Pixel 6 Pro」には48MPの望遠カメラが搭載されるため、これまで以上に優れた撮影ができることが期待できます。

スポンサーリンク

独自プロセッサを採用することで全体的な性能の向上も期待でき、「Pixel 6」が8GBRAMと2つのストレージ、「Pixel 6 Pro」が12GBRAMと最大512GBストレージから選ぶことができるようになりました。

Googleのスマートフォンとしては初めて8GBRAMと128GBストレージを超えたモデルになります。

また公式には未確認とされていますが、「Pixel 6」シリーズは5年間のソフトウェアアップデートをサポートする可能性があることも伝えられています。

AndroidスマートフォンはAppleのiPhoneと比べてサポートが短いことがよくネタにされていましたが、Googleが5年間のサポートを明らかにすることで良い方向に向かうかもしれません。

現状ではスペックを含め確定したものではありませんが、「Pixel 6」シリーズはスペック以外の面でも期待ができそうです。

ちなみに「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」のリリースは2021年10月頃とされています。

Source: FPT(Jon Prosser)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech