YouTube始めました!チャンネルはココから
イチオシのChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookから、
おすすめモデルを厳選しました。

特集を見る

日本HPがChromebook「x360 11 G3 EE」と「11A G8 EE」(AMD)をGIGAスクール構想向けに発表

hp-bett-2020-release-chromebooksChromebook

日本HPは、GIGAスクール構想に準拠した「HP Chromebook x360 11 G3 EE」とAMD採用の「HP Chromebook 11A G8 EE」の2機種を発表しています。

どちらも今年1月末にロンドンで開催されていた教育イベントBETTで発表されたモデルで、「x360 11 G3 EE」に関しては3月24日に国内投入が発表されています。

なお3月の同じタイミングで「11A G8 EE」も国内投入が発表されていましたが、あちらはCeleronモデルで、今回発表となったモデルはAMD搭載モデルとなっています。

スポンサーリンク

スペック

 HP Chromebook
x360 11 G3 EE
HP Chromebook
11 G8 EE
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366×768
グレア
11.6インチ
1,366×768
ノングレア
CPUCeleron N4020AMD A4-9120C
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラ720p
アウトカメラ5MPなし
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
ネットワークBluetooth 5.0
Wireless-AC 9560
バッテリー最大13時間
90分で90%まで急速充電
最大13.5時間
90分で90%まで急速充電
その他日本語配列
防滴キーボード
外れにくいキーキャップ
サイズ295×205.3×20.9mm
295×205.3×18.8mm
重さ1.45kg1.32kg
価格49,800円(税抜)39,800円(税別)

今回発表された2機種についてはこのようなスペックとなっています。

価格も明らかにされていますが、あくまで教育市場向けの想定価格となります。

「HP Chromebook x360 11 G3 EE」は、名前のとおりヒンジが360度回転するコンバーチブルタイプのChromebookとなっていますが、「HP Chromebook 11 G8 EE」はクラムシェルタイプとなっています。

ついでにコンバーチブルタイプには5MPのアウトカメラが搭載されています。

またどちらも11.6インチですが、「x360 11 G3 EE」はグレア液晶、「11 G8 EE」はノングレアとなっている点も違いです。

性能面は、GIGAスクール構想にあわせたCeleron N4020と低価格帯N3350の置き換えにちょうど良いAMD A4-9120を採用しているため、数年使うことを考えれば十分な性能だと思います。

MIL-STD 810Gに準拠する堅牢性や防滴キーボード、外れにくいキーキャップなど教育現場向けらしい仕上がりとなっていますが、やや重たいのが気になるところです。

一般向けのリリースではないので、詳細は公式のリリース情報をご覧頂ければと思いますが、機種としては悪くないスタンダードなモデルですので、今後の学校等での導入を検討する際には、候補の機種として含めると良いですね。

HP教育向けChromebookのカタログ

一般ユーザーは引き続きAmazon等をご覧くださいませ。

Chromebook
スポンサーリンク
購読・フォローはこちら!
スポンサーリンク
HelenTech