スポンサーリンク

日本HPが「Chromebook x360 13c」のブライトビュー(グレア液晶)モデルを販売開始

hp-release-chromebook-x360-13cChromebook

日本国内で販売されているHPの現行Chromebookの中で、最もハイエンドに位置するのが「HP Chromebook x360 13c」です。

このモデルは過去に実機レビューしていますが、性能・機能とも文句なしと言える1台で、時折開催されるセールでお得に購入することもできるため、当ブログでもイチオシのハイエンドChromebookとなっています。

今回、日本HPは動画などを楽しむユーザーに向けてディスプレイをノングレアからグレア(ブライトビュー)に変更した「HP Chromebook x360 13c」を新たに発売しました。

スポンサーリンク

スペックなどについては、現行モデルから変化はなくディスプレイが変更されただけとなります。

 スーペリアプラスエグゼクティブプラススイートプラス
ディスプレイ

13.5インチ IPS
1,920 × 1,280
ブライトビュー(グレア)
HP SureView Reflect (Gen 4)
1000nits

CPUCore i3-10110UCore i5-10210UCore i7-10510U
RAM8GB16GB
内部ストレージ256GB PCIe NVME M.2
外部ストレージmicroSD
WebカメラHP Wide Vision HD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
ネットワークXMM 7360 LTE-Advanced
Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
その他JIS配列
バックライトキーボード
MIL-STD 810G 19項目クリア
指紋センサ
カメラキルスイッチ
USIスタイラスペン
Bang & Olufsen スピーカー
サイズ294.5 × 216.9 × 16.7mm
重さ1.36kg
価格(税込み)140,800円151,800円173,800円

そのため、HP Sure Viewをはじめとした構成も同じでLTEサポートやMILスペック、指紋センサやUSIペンサポートなども含まれています。

現行の「HP Chromebook x360 13c」に搭載されている反射型プライバシースクリーン機能(HP Sure View Reflect)は、ノングレアとの組み合わせが評価の分かれるところだったので、それが合わなかったユーザーもグレアタイプに変更されることで評価が変わる可能性はあります。

しかしWindows機などすでに搭載されている機種のレビューを見ると、グレアでも評価が分かれているようなので、自分に合う合わないは実機を試してみるしかなさそうです。

スポンサーリンク

なお、残念なことに今回も日本語配列のみで英語配列を選択することができません

個人的には英語配列を選べるようになっていればさっそくポチったかもしれません…やはりこの意見は少数派なんでしょうか(英語配列だけ出せと言ってるんじゃなくて、選択できれば良いのです)。

それはさておき、すでにHP公式ストアにブライトビューの「HP Chromebook x360 13c」がラインナップされていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech