YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

日本HPが「Chromebook x360 14b」も販売開始。14インチフルHDでPentium N5000を搭載

hp-chromebook-14b-mainChromebook

海外では、「HP Chromebook x360 12b」と同時に発表されたモデルとなる「HP Chromebook x360 14b」ですが、日本国内でもわずかに遅れるだけで、販売開始となりました。

しかも現時点では、キャンペーン実施中のため50,000円(税抜)で購入することが可能です。

海外で発表された構成のなかでも、上位構成となるフルHDにPentium N5000、8GBRAMを搭載していますので、コストパフォーマンスに優れる良いモデルを出してきています。

ということで、国内で発売されるスペックについて紹介しておきます。

スポンサーリンク

HP Chromebook x360 14b スペック

hp chromebook 14b 01-日本HPが「Chromebook x360 14b」も販売開始。14インチフルHDでPentium N5000を搭載
HP Chromebook x360 14b
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
CPUPentium N5000
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
フロントカメラHP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
ネットワークIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
ポートUSB3.1 Gen1 ×1、
USB Type-C 3.1 Gen1 ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大10.5時間
その他バックライトキーボード
日本語配列
USIペン(別売)対応
サイズ 326 x 225 x 20.5mm
重さ1.5kg
通常価格69,800円(税抜)
キャンペーン価格50,000円(税抜)

スペックについてはこのようになっています。

実は海外発表時点では、HDにCeleron N4000となっていて、ハイスペックの「HP Chromebook x360 14」とかなりの差を広げられていました。

しかし、日本で販売されるモデルは、フルHDにPentium N5000という、Coreシリーズほどの性能はないにしても、2019年にリリースされたChromebookとしては、上位に近い性能があるモデルになっていると思います。

通常価格でも、国内モデルとしては頑張ったほうだと思いますが、現在のキャンペーン価格を考えると、このモデルはかなりコストパフォーマンスの良いモデルだと思います。

単純な性能は、Coreシリーズを搭載した「x360 14」には負けるものの、個人的に重視している重さが1.5kgとわずかに軽くなっているため、持ち運ぶのにも許容範囲なのがポイントです。

私としては、「x360 14」自体がかなり気に入っているので、これはかなり嬉しいですね。

スポンサーリンク

そして、先行して販売された「HP Chromebook x360 12b」と同様に、USI(Universal Stylus Initiative)ペンというスタイラスペンに対応しているのが特長です。

国内で販売されている14インチのChromebookで、スタイラス対応をうたうモデルはこれが初めてとなりますので、スタイラスペンの利用を考えているユーザーにもオススメできるモデルだと思います。

ただ、肝心のペンは別売りなうえに、現時点では2020年第1四半期頃に発売予定となっているのがちょっと残念なところですね。

いずれにしても、持ち運びも可能な14インチの上位寄りChromebook、しかもスタイラスペンに今後対応するモデルなので、個人でも法人でも、刺さるユーザーは多いんじゃないでしょうか。

すでにHP公式サイトで取扱が始まっていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ちなみに、上位モデルにあたる「HP Chromebook x360 14」についてはレビューをまとめていますので、興味のある方はそちらもご覧くださいませ。

Chromebook
スポンサーリンク
フォローをお願いします!
HelenTech