Google が2024年1月の Play システムアップデートで発生した問題について説明

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

一部の Pixel ユーザーから2024年1月の Google Play システムアップデートをインストールした後、内部ストレージに保存されたデータにアクセスできないといった問題が報告されていました。この問題に対して Google はコミュニティへの投稿で正式に回答し、現在問題の修正に取り組んでいることに加え、修復の方法を説明しています。

Google は今回の問題も1月の Google Play システムのアップデートが原因であることを認め、その結果、アプリがクラッシュしたりスクリーンショットを撮影することができなくなったり、外部ストレージの動作が不安定になることがあるとしています。

Advertisement

さらにこの問題は少数の Pixel スマートフォンに影響を与えており、複数のユーザーアカウントや仕事用プロファイルを持つデバイスが多く影響を受けたと伝えています。昨年起きた問題と似ていますが、前回は複数のユーザーアカウント設定をしている場合にのみ影響があったので、今回はさらに広がったと言えます。

現状は「ルート システムのアップデートの問題の修正に取り組んでいる」としており、詳細が分かり次第、改めて報告するとしています。

また、Google はデータ損失を引き起こすことなくデバイスにストレージ機能を復元する方法を紹介しました。ただし、Windows、MacOS、または Linux コンピューターが利用可能でいくつかの開発者ツールのインストールに慣れているユーザーを対象としています。修復のための手順はこちらをご確認ください。

いずれにしても Google が問題を認めて修正に取り組んでいることがわかりました。昨年も同じような問題が発生し、またかと思わなくもありません。どのタイミングで修正が展開されるかはわかりませんが、近いうちに進展があるはずです。

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次