YouTube始めました!チャンネルはココから
イチオシのChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookから、
おすすめモデルを厳選しました。

特集を見る

Lenovoが「IdeaPad Duet Chromebook」を発表。ついに10.1インチでキックスタンド付きカバーを採用

lenovo-ideapad-duet-chromebook-imageChromebook

CES 2020にて、Lenovoが「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」という10.1インチのデタッチャブルタイプで、キックスタンド付きキーボードカバーを採用した新しいChromebookが発表されました!

ということで、発表された「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」のスペックをまとめておきます。

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

ディスプレイ10.1インチ
1,920×1,200
400nit
CPUHelio P60T
RAM最大4GB
内部ストレージ最大128GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラリア 8MP
フロント 2MP
ポートUSB-C ×1
バッテリー最大10時間
その他トラックパッド付キーボードカバー
USIスタイラスペン(オプション)
サイズ239.8×159.8×7.35mm(本体のみ)
重さ約426g(本体のみ)
約920g(キーボードカバー込)
価格279ドルから
発売時期2020年5月頃

スペックと価格はこのようになります。

これまでのリークにあったとおり、10.1インチでフルHDの解像度を採用したキーボード着脱式(デタッチャブル)のChromebookタブレットデバイスです。

しかし、予想に反してSurfaceライクなキックスタンドを搭載しているため、これまでのタブレットデバイスとはまた違った使い勝手を演出してくれます。

ただよくよく見ると、キーボードカバーのカバー部分がスタンドになっているようですね。

もちろん、トラックパッド付きキーボードカバーとオプションですがスタイラスペンが存在しており、ようやく2-in-1なデタッチャブルスタイルのChromebookという感じですね。

採用されているCPUは、MediaTekのHelio P60Tという、タブレットとしてもミドルレンジのCPUですが、すでにあるChromebookタブレットのOP1よりも性能が向上していることは確かです。

このあたりの動作感は実機待ちとなりますが、決して悪いデバイスではないはず。

スポンサーリンク

また、キーボードを除く本体の重さは426gとなっていて、キーボードを含めても920gほどとこれまでに登場したChromebookタブレットより軽量化されているのもポイントですね。

そして価格は279ドルからと、かなりお安い価格になっていますが、スペック構成がどうなっているかもまだはっきりとしていませんので、上位モデルはおそらくこれまでのタブレットデバイスと大きな違いはなくなりそうです。

発売時期が2020年5月頃となっていますので、実機に触れるにはまだしばらく先となりそう。

このデバイスを見た感じ、日本でも販売してくれそうな気がしますので、期待して待ちたいですね。

なお、今回のCES 2020では、Lenovoはもう1台のハイスペックモデルをリリースしています。

プレスリリース Lenovo Breaks Barriers with New Consumer Technology Unveiled at CES 2020

Chromebook
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech