スポンサーリンク

LenovoがTiger Lake搭載のChromebook「IdeaPad 5i」と「Flex 5i」を海外で発表

lenovo-release-2-new-models-flex5iChromebook

以前からインテル第11世代のCoreシリーズを搭載するChromebookがLenovoから登場することがウワサされていましたが、ついに「IdeaPad 5i Chromebook」と「Flex 5i Chromebook」の2機種が海外で発表となりました。

どちらもPentiumとCore i3-1115G4、Core i5-1135G7までのラインナップとなっています。

スポンサーリンク

スペック

以下に2つのモデルのスペックを紹介しておきます。

IdeaPad 5i
Chromebook
Flex 5i
Chromebook
ディスプレイ14インチ IPS
1920×1080
タッチ(OP)
13.3インチ IPS
1920×1080
タッチスクリーン
CPUPentium 7505
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Pentium 7305
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
RAM4GB
8GB
4GB
8GB
内部ストレージ128GB SSD
256GB SSD
512GB SSD
32GB eMMC
64GB eMMC
128GB SSD
256GB SSD
512GB SSD
外部ストレージmicroSDmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
USB-C ×2
USB-A ×1
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
Wi-Fi 6
Bluetooth 5.1
バッテリー最大10時間最大10時間
サイズ324×221
×16.6mm
310×214
×16.95mm
重さ1.42kg1.35kg
その他USIペンサポートUSIペンサポート
価格399ユーロから
(439.99ドル〜)
399ユーロから
(439.99ドル〜)

「IdeaPad 5i」と「Flex 5i」のスペックは、基本的には共通していますが、ディスプレイサイズ、Pentiumの型番とストレージ容量、コンバーチブルタイプかクラムシェルタイプといったところに違いがあります。

過去のリークから「Flex 5i」のTiger Lake搭載の8GBRAM/128GBストレージモデルが499ドルで販売されることがわかっていましたので、どちらもコストパフォーマンスには優れたモデルと言ってよいと思います。

海外市場では「Flex 5i」の一部のモデルは今月から販売を開始し、「IdeaPad 5i」は7月から販売開始となります。

どの構成になるかはわかりませんが、日本でも「Flex 550i Chromebook」がリリースされたことを考えると今回も販売される可能性は高いと思います。

地味だけど根強い人気があるモデルですので、ぜひ期待したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech