YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

LenovoがAMD A6搭載の「Chromebook 3 (11)」を米国でリリース

lenovo-chromebook-3-350i-amdChromebook

先日、AMDのRyzenとAthlonシリーズを搭載するハイエンド寄りのChromebookがHPからリリースされていますが、今度はお手頃価格のエントリークラス「Lenovo Chromebook 3 (11)」をLenovoが米国でリリースしました。

とくにアナウンスなどもなく、販売はされているものの現状は米国BestBuyで購入出来るモデルとなっているため、すぐ手に入るようなシロモノでもないのが少し残念。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ11.6インチ
1,366×768
非タッチ
CPUAMD A6 9220C
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmciroSD
Webカメラ720p
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 4.2
バッテリー最長10時間
サイズ286.7 x 205.5 x 18.05mm
重さ1.12kg
自動更新ポリシー2026年6月
価格199ドル

お気づきの方もいると思いますが、このモデルはCPUがIntelからAMDに載せ変わっただけで、基本的にはすでに発売されている「Lenovo Chromebook 3 (11)」と変化ありません。

つまり、日本国内でも販売されている「IdeaPad Slim350i Chromebook」とCPU以外はまったく同じモデルであることになります。

すでに発売されているモデルは、IntelのCeleron N4020を搭載していますので、性能面で言えばAMDモデルは劣っているわけですが、海外での販売価格は199ドルとなります。

これはCeleronモデルが230ドル、日本では33,000円で販売されたことを考えると、おそらく3万円以下で販売されるようなモデルになると思います。

ちなみに性能面で言えば、ASUSの「Chromebook C223」が搭載するCeleron N3350よりもやや上で、あちらが現在アマゾンで28,000円ほどで販売されているので、もし日本で出たとすれば競合になるモデルですね。

ただ、これはどちらの機種にも言えることですが、あくまで価格なりのクオリティですので、過度な期待はせず、予算と用途に合わせてチョイスすることをおすすめします。

とは言っても、現時点ではAMD搭載の「Lenovo Chromebook 3 (11)」は海外モデルですし日本で販売されるかどうかは不明です。

それにもし出たとしても、価格差を考えると単純なスペック面ではCeleron N4020モデルの方がオススメしやすいのも事実なので、ちょっと悩ましいところですね。

また現段階でAMDモデルを輸入するにしても、直送はできないため転送を利用することになると思いますので、結局は国内でCeleronモデルを買うほうが早くて安いと思います。

ということで、海外ではAMDモデルが販売されましたが、国内のCeleronモデルも改めてチェックしてみてください。

ベストバイで販売されているAMDモデルが気になる方はこちらをどうぞ。