Lenovoが日本で新しいChromebookを3機種リリース、12月3日から発売予定

lenovo-ideapad-new-series-2111Chromebook

Lenovoが日本国内にて、11.6インチのコンバーチブルタイプ「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」、13.3インチのコンバーチブルタイプ「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」、そして14インチのクラムシェルタイプ「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」の3機種を発表しました。

海外では同スペックのモデルが別名称でリリースされているので、日本でも遅れて登場したということになります。

これら3機種とも発売日は12月3日を予定しており、ビックカメラ(楽天ビック)などで予約を開始しています。

それぞれの機種のスペック

それぞれの機種のスペックと価格について簡単にまとめておきます。

Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook

Flex 360i Chromebook
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
タッチ対応
CPUCeleron N4500
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
HDMI
イヤホンジャック
Webカメラ720p
プライバシーシャッター付き
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 5.1
バッテリー最大10時間
サイズ285.5×18.45×205.2mm
重さ1.25kg
価格49,500円
自動更新ポリシー2029年6月※

「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」は、5万円以下の価格でコンバーチブルタイプ、スタンダードなスペックのChromebookです。

IPS方式を採用しているため、Lenovoの低価格&コンパクトモデルにありがちなディスプレイの見づらさみたいな点が解消されているはずなので、期待できると思います。

1.25kgと軽量でプライバシーシャッターやHDMIついている点も珍しいですが、USB-Cポートが一つしかないようなので、そこが使い勝手の良さにどう影響するかが気になるところです。

自動更新ポリシーについては2029年6月と思われますが、2028年という可能性もあるのでご注意ください。

「Lenovo IdeaPad Flex 360i Chromebook」はビックカメラや楽天ビックで予約開始されていますので、チェックしてみてください。

Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook

Flex 560i Chromebook
ディスプレイ13.3インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチ対応
グレア
CPU(1) Celeron 6305
(2) Core i5-1135G7
RAM/ストレージ(1) 4GB / 64GB eMMC
(2) 8GB / 256GB M.2 SSD
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
Webカメラ720p
プライバシーシャッター付き
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
バッテリー最大10時間
その他USIペン対応
サイズ310×16.95×212mm
重さ1.38kg
価格(1) 68,200円
(2) 104,500円
自動更新ポリシー2029年6月

続いて13.3インチのハイスペックモデル「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」で、現行モデルからインテル第11世代のCPUに載せ替えたようなイメージです。

今回も2つの構成が用意されていて、スタンダードの上位クラスとなるCeleron 6305と4GBRAM、64GB eMMCを搭載したモデルとCore i5-1135G7と8GBRAM、256GB M.2を搭載するハイスペックなモデルとなります。

どちらもUSIペンをサポートするコンバーチブルタイプで、性能面のバランスもよく1.38kgと軽量で持ち運びしやすいモデルですが、上位モデルは指紋センサなどのプラスαはなく、やや高めの印象を受けます。

価格は下位Celeronモデルが68,200円、上位モデルが104,500円となっていて、こちらもビックカメラ(楽天ビック)にて予約を開始しています。

Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook

Slim 560i Chromebook
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチ
ノングレア
CPU(1) Pentium Gold 7505
(2) Corei5-1135G7
RAM/ストレージ(1) 4GB/128GB PCIe NVMe
(2) 8GB/256GB PCIe NVMe
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
Webカメラ720p
プライバシーシャッター付き
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
バッテリー最大10時間
その他バックライトキーボード
サイズ324×16.6×221.3mm
重さ1.49kg
価格(1) 68,200円
(2) 99,000円
自動更新ポリシー2029年6月

3つ目の機種は、14インチのクラムシェルタイプ「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」です。

こちらも13.3インチモデルと同じくスタンダードでも上位に位置するモデルとハイスペックの2つですが、ベースモデルがCeleronではなくPentium Gold 7505と4GBRAM、128GB PCIe NVMeストレージを搭載しているため、ほぼハイスペックと呼べるものです。

上位もインテル第11世代のCore i5-1135G7と8GBRAM、256GB NVMeストレージを搭載しているため、国内で販売されているChromebookの中でも最上位クラスの性能と言えますが、USIペンや指紋センサなどの機能は搭載していません。

ただし、価格は前述の「Lenovo IdeaPad Flex 560i Chromebook」と大きく変わらないため、コンバーチブルタイプやペンの利用が必須でなければ14インチの「Lenovo IdeaPad Slim 560i Chromebook」が良い選択肢となりそうです。

また、珍しく?重さも1.5kgを切っているため、持ち運べないほどではありませんので、使い勝手が良さそうなモデルになっていると思います。

価格はPentiumモデルが68,200円、Core i5モデルが99,000円となっていて、これもビックカメラ(楽天ビック)で予約購入が可能です。

ということで、本日(2021/11/30)にレノボ・ジャパンから発表された国内向けChromebookの新モデル3機種の紹介でした。

今回発表されたモデルの中では、11.6インチの「Flex 360i Chromebook」を除きベースモデルでも十分に良い性能を発揮してくれると思いますので、予算が許す限りでなければ、ベースモデルを選択するほうがオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech