スポンサーリンク

「Microsoft Surface Pro 8」が発表、日本では11月1日に約15万円から販売開始

microsoft-release-surface-pro-8Windows

先程、発表会直後の速報をお届けしましたが、早くもマイクロソフトの公式サイトに「Surface Pro 8」の情報が公開されたため改めて紹介していきます。

また日本サイトにも登場しており、11月1日がリリース日となっていて148,280円から販売されることがわかりました。予約注文も可能となっています。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ13インチ Pixel Sense
2,880 × 1,920
最大120Hzリフレッシュレート
CPUCore i5-1135G7
Core i7-1185G7
RAM8GB
16GB
32GB
内部ストレージ128GB
256GB
512GB
1TB
カメラ10MP AF リアカメラ
5MP フロントカメラ(1080p)
ポートUSB-C(Thunderbolt4) ×2
Surface Connect ×1
3.5mmジャック
ネットワークBluetooth 5.1
Wi-Fi 6
バッテリー最大16時間
その他Windows Hello
Surface スリムペン2対応
MPP対応
サイズ287×208×9.3mm
重さ889g

スペックは以上のようになっています。

現行モデルより大きくなって最大120Hzリフレッシュレートをサポートする13インチディスプレイ、インテル第11世代のCore iプロセッサ、最大32GBRAMと最大1TBストレージを採用するハイエンドな2-in-1ノートパソコンとなっています。

大きなポイントはSurfaceシリーズ初のUSB-C(Thunderbolt 4)ポートを2つ採用したことで、反対にUSB-Aポートがなくなりましたが、汎用性は高まったと思います。

ちなみにSurface Connectは健在なので、もしこれまでにSurface Dockなどを購入していたユーザーでも問題なく流用が可能です。

さらに特長なことは、「Surface Pro X」に採用されているペンの収納方式と同じキーボードカバー(Surface Pro X キーボード & Surface Pro Signature キーボード)となっているため、新たに登場したSurface Slim Pen 2を収納しながら充電することができるようになっています。

これまでSurface Proでもペンの収納はネックでしたので、USB-Cポートの増設とThunderbolt 4対応も含めて、”あったら良いのに”が盛り込まれた良い機種になっていると思います。

なお価格と構成についてですが、すでに公式サイト上で確認することができます。

色はプラチナとグラファイトが選択できますが、全構成が選択できるのはプラチナのみとなっていて、グラファイトはCore i5/8GBRAM/256GBモデルかCore i7/16GBRAM/256GBの2つしか選べません。

ベースが148,280円、最上位が325,380円となかなかの価格になっていますが、ストレージの問題を除けばCore i5/16GBRAM/256GBモデルあたりが無難な選択肢になりそうです。

詳しくはMicrosoft 公式サイトをチェックしてください。

  • Surface Pro 8 – Microsoft公式
  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    Windows
    HelenTech