スポンサーリンク

Microsoftのフラッグシップモデル「Surface Laptop Studio」が発表。日本では2022年前半に発売予定

Windows

マイクロソフトはこれまでSurfaceデバイスでは見られなかった、全く新しいデザインの2-in-1ノートパソコン「Surface Laptop Studio」も発表しました。

独自のヒンジデザインに14.4インチというサイズのディスプレイを採用し、着脱式ではなくディスプレイを前に引っ張るような感覚で、キーボード上で角度を変えたり平らに置くことなどができるようになっています。

海外では米国とカナダで10月5日から出荷予定となっていますが、日本では2022年前半に発売予定となっており、国内価格などはまだ不明です。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ14.4インチ PixelSense
2,400 × 1,600
最大120Hzリフレッシュレート
CPUCore H35 i5-11300H
Core H35 i7-11370H
グラフィックスIris Xe(i5モデル)
GeForce RTX3050Ti 4GB(i7モデル)
RAM16GB
32GB
内部ストレージ256GB
512GB
1TB
2TB
アップグレード可能
Webカメラ1080p
Windows Hello
ネットワークBluetooth 5.1
Wi-FI 6
ポートUSB-C Thunderbolt 4 ×2
3.5mmジャック
Surface Connect ×1
バッテリー最大19時間(i5)
最大18時間(i7)
その他日本語配列
バックライトキーボード
サイズ323.28×228.32×18.94mm
重さ1.7kg(i5)
1.8kg(i7)

フラッグシップのハイエンドモデルとなる「Surface Laptop Studio」は、14.4インチというやや特殊なサイズに2400×1600解像度と3:2のアスペクト比を採用、最大120Hzリフレッシュレートに対応しています。

CPUにはデスクトップクラスのインテル第11世代Core H35 i5もしくはi7を搭載し、最大32GBRAM、最大2TBストレージ(ユーザー側でもアップグレード可能)、さらにi7モデルはGeForce GTX 3080Ti 4GBを搭載しています。

また「Surface Pro 8」と同じく2つのUSB-C Thunderbolt 4ポートとSurface Connectもあります。

非常にハイエンドなノートパソコンであることがわかりますが、それでいてバッテリーの公称値が最長19時間となっているものの、実際には短くなる傾向にありますので実機のテスト報告などを待つ必要があります。

なお価格についてですが、海外ではベースモデルとなるCore i5/16GBRAM/128GBモデルが1,600ドル、最上位のCore i7/32GBRAM/2TB/GeForce RTX3050Tiモデルが3,100ドルと、思ったより手頃な価格の印象があります。

価格
Core i5/16GB/128GB1,599.99ドル
Core i5/16GB/512GB1,799.99ドル
Core i7/16GB/512GB/RTX3050Ti2,099.99ドル
Core i7/32GB/1TB/RTX3050Ti2,699.99ドル
Core i7/32GB/2TB/RTX3050Ti3,099.99ドル

ただこれが日本価格になると…やはりプレミアムなモデルであることに違いはなさそうです。

発売は2022年前半となりますので、いましばらくは待つ必要があります。

詳しくはMicrosoft 公式サイトをご覧ください。

  • Surface Laptop Studio – Microsoft公式
  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    Windows
    HelenTech