YouTube始めました!チャンネルはココから

モトローラの「Moto G Stylus 2021」の新たなレンダリング画像がリーク

render-moto-g-stylus-2021-00Android

昨年の11月にAmazonに誤掲載されている、モトローラの本体収納式スタイラス付属の「Motorola Moto G Stylus(2021)」のレンダリング画像がリークされました。

この時点でいくつかのスペックとともに画像も掲載されていましたが、「Moto G Stylus 2021」として本体レンダリング画像が登場するのは初めてとなります。

そのため、11月リーク時点での画像とは異なっているようで、スペックにも変更が見られます。

スポンサーリンク

「Moto G Sylus」には、6.81インチのパンチホールディスプレイを採用し、サイズは169.6mm×73.7×8.8〜10.9mmとなることは、11月の時点でも明らかにされています。

このサイズは非常に大きく、「Galaxy Note S20 Ultra」よりも大きなサイズとなるため、使い勝手という面ではファブレット寄りというイメージになるかと思います。

リアカメラについてはクアッド仕様となっていて、48MPのメインカメラ、8MPの超広角、2MPの深度、そして5MPマクロセンサが搭載(以前は2MP)され、フロントカメラについては16MPのままで変わりはないようです。

また、以前の情報では指紋センサの位置が電源ボタン部分へと変更される可能性を示していましたが、今回のレンダリングを見る限りでは、これまでと同じく本体の背面にロゴマークととともに組み込まれているようです。

スポンサーリンク

そして「Moto G Stylus」の名前のとおり、本体下部に本体収納式のスタイラスペンが付属していて、イヤホンジャックも存在しています。

この他の情報については変更などの情報がありませんが、新たなレンダリングが登場したことで変更される可能性もあると思います。

しかしミッドレンジスマートフォンという立ち位置が変わることはないと思いますので、今後の情報を待ちたいと思います。

Source: Voice

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech