YouTube始めました!チャンネルはココから

モトローラが「moto e7」と「moto e7 power」を日本でも2月26日から発売

motorola-japan-release-moto-e7-and-e7-powerAndroid

海外では昨年11月に発表されているモトローラのエントリースマートフォン「moto e7」と大容量バッテリーを搭載した「moto e7 power」が、2月26日から日本でも発売することが発表されました。

どちらもSIMフリーモデルとなっていて、珍しくドコモとau、ソフトバンクの3キャリア回線を利用できます。

スポンサーリンク

スペック

 moto e7moto e7 power
OSAndroid 10
ディスプレイ6.5インチ
1,600×720
CPUHelio G25
RAM4GB2GB
内部ストレージ64GB32GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
リアカメラ48MP(f/1.7)
2MP(マクロ)
13MP(f/2.1)
2MP(マクロ)
フロントカメラ5MP
ネットワークWi-Fi b/g/n
Bluetooth 5.0
バッテリー4,000mAh5,000mAh
ポートUSB-C
サイズ164.93 x 75.73
x 8.89mm
165.06 x 75.86
x 9.2mm
重さ180g200g
その他指紋センサ
DSDV
価格(税込)18,800円16,800円

どちらもディスプレイサイズは6.5インチ、アスペクト比20:9のHD+解像度となっています。

Android 10で動作し、CPUもMediaTekのHelio G25で共通していますが、「moto e7」は4GBRAMと64GBストレージなことに対し、「moto e7 power」は2GBRAMと32GBストレージと、かなり控えめな性能となっています。

違いはリアカメラにもあって「e7」は48MPと高画素のもの、「e7 power」は13MPとエントリークラスらしいカメラを採用しています。

どちらもサブカメラには2MPのマクロレンズが搭載され、フロントカメラは同じものとなっています。

スポンサーリンク

性能的にゲームなどをするスマートフォンではありませんが、税込み2万円以下のスマートフォンとして見たときには、DSDVや指紋センサ、USB-Cポートである点などスタンダードな構成です。

また珍しいことに国内3キャリアのバンドに対応しているため、使いまわしがしやすくなっています。

以下が「moto e7」と「moto e7 power」の対応バンドです。

  • 4G:LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

もちろんテザリングも使用できますので、性能面ではメインにしづらくともサブ機としては十分かと思います。

今後、家電量販店などを含めて販売するようですが、すでに楽天などでビックカメラが予約を受け付けていますので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech