スポンサーリンク

モトローラが「Moto G Stylus」、「Moto G Power」、「Moto G Play」の2021年モデルを発表

motorola-release-moto-g-series-2021Android

これまでに何度かリーク情報をお伝えしてきましたが、ついにモトローラは最新のMoto Gシリーズとなる「Moto G Stylus」と「Moto G Power」、「Moto G play」を発表しました。

いずれのモデルも低価格帯のミッドレンジとして魅力的なモデルに仕上がっていて、予想よりも安価となっているため、かなり期待ができるラインナップとなります。

ひとまずスペックを簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク

2021年モデル Moto G シリーズ

Moto G Play
(2021)
Moto G Power
(2021)
Moto G Stylus
(2021)
OSAndroid 10Android 10Android 10
ディスプレイ6.5インチ
1,600×720
6.6インチ
1,600×720
6.8インチ
2,400×1,080
CPUSnapdragon 460Snapdragon 662Snapdragon 678
RAM3GB3GB / 4GB4GB
内部ストレージ32GB32GB / 64GB128GB
リアカメラ13MP
2MP(深度)
48MP
2MP(マクロ)
2MP(深度)
48MP
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
フロントカメラ5MP8MP16MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
USB-C
イヤホンジャック
USB-C
イヤホンジャック
バッテリー5,000mAh5,000mAh4,000mAh
サイズ166.6×75.9
×9.4mm
165.3×75.9
×9.4mm
169.9×78
×9.9mm
重さ204g206.5g213g
価格169ドル199ドル299ドル

今回のMoto Gシリーズは、今までのようにナンバリングはなく、そのままのモデル名で呼ばれるようになっていて、2020年モデルと比較して改善点もがあるため、期待はできます。

この中でも最も安価となる「Moto G Play」に関して、169ドルと魅力的な価格であるものの、ディスプレイの解像度やCPUが最新世代でない点が少し気になります。

「Moto G Power」と「Moto G Stylus」に関しては、昨年のモデルよりも全体的に改善(大きな変化はないですが)していて、とくに「G Stylus」はディスプレイサイズと解像度、CPUも新しいものに置き換わっているため、予想よりも良いところに落ち着いたと思います。

「Moto G Stylus」はリークの時点でCPUなどは2020年モデルと同じという情報も出ていたので心配でしたが、これなら選択肢として十分アリだと思います。

価格について、「Moto G Play」が169ドル、「Moto G Power」が199ドル、「Moto G Stylus」が299ドルと、予想よりも安価にとどまっているため、手頃な価格帯のスマートフォンとしては悪くありません。

販売は米国で1月14日から販売される予定となっていますが、グローバル展開についてはとくに触れられていないようです。

2020年モデルは日本でも「Moto G Pro」としてリリースされているため、海外より遅れることになると思いますが、期待はできると思います。

仮に国内で出るとすれば、おそらく価格も3万円台中盤というところだと思うので、スタイラスペン搭載のモデルとしては良い選択肢になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech