スポンサーリンク

HPのAlder Lake搭載Chromebookには新たなキーが追加される可能性があります

Chromebook

現在、次世代のインテルCPUtなるAlder Lakeプロセッサを搭載するChromebookはいくつか開発されていますが、そのうち「Redrix」と呼ばれるモデルは「HP Elite C1030 Chromebook(日本ではHP Chromebook x360 13cとも)」の後継機である可能性があります。

この「Redrix」は最新のインテルCPUを搭載したフラッグシップモデルになるわけですが、さらにユニークな追加点としてキーボードにマイクミュートキーがあることがわかりました。

スポンサーリンク

マイクミュートキーはファンクションキーに追加されるようになっていて、スピーカーミュートの前に新たにキーが用意されるようです。

ただ、「HP Chromebook x360 13c(Elite c1030)」の実機をご覧になったことがある人なら気づくと思いますが、このモデルのキーボードはUS、日本語配列関わらずファンクションキー部分はかなり詰まったレイアウトになっています。

もし「Redrix」が同モデルの後継機であり、他のキーが削除されたり変更されることがなければ、今以上に詰まったレイアウトになる可能性があります。

ただ、マイクミュートキー自体はリモートワークやWeb会議が普及してきた今でこそ必要なキーだと思いますので、追加されることは喜ばしい点だと思います。

そもそも「HP Chromebook x360 13c(Elite c1030)」はハイエンドChromebookとして非常に優れたモデルだと思いますので、さらにその後継となれば期待は膨らみます。

この「Redrix」のリリース時期は不明ですが、来年1月に開催されるCES 2022で登場する可能性もありますので、期待して待ちたいところです。

余談ですが、つい先日海外eBayから「HP Elite c1030 Chromebook G1 (x360 13c)」のRefurbishedを購入してしまいました。これはもしかすると、もしかするかもしれません…。

Source : Chrome Unboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech