GoogleがAndroidとChromebookの連携を強化するFast Pair機能を発表

Google-announce-chromebook-fast-pairChromeOS

これまで何度か開発中のフラグやCanaryでの出来事についてお伝えしてきましたが、GoogleはCES 2022にて正式にAndroidスマートフォンとChromebookなどとのFast Pair機能の追加を発表しました。

Fast Pair機能は、すでにAndroidスマートフォンと一部周辺機器(Pixel Budsなど)ですでに利用できるデバイス同士の接続を簡単に、素早くできるようになるものです。

ただし、今からすぐ利用できるわけではなく今後数週間以内に、FastPair対応ヘッドホンをオンにするとChromebookが自動的にそれを検出し、ワンクリックでペアリングできるようになります。

また今年後半に新しいChromebookを購入した場合、Androidスマートフォンを使用して素早くセットアップできるようになり、GoogleログインやWi-Fiパスワードなどの保存済み情報にアクセスできるようなるとしています。

Chromebook以外でも、例えばGoogle TVまたはAndroid TV OSデバイスを使用してヘッドホンとFastPair、Matter対応のスマートホームデバイスへの接続なども簡単になります。

スポンサーリンク

さらに今回の発表では、現在Chromebookのロック解除を行う際、連携しているAndroidスマートフォンを使用してロック解除を行うことができますが、今後はWear OS搭載スマートウォッチでもペアリング済みのChromebookやAndroidスマートフォン、タブレットが近くにあるときにロック解除することができるようになります。

Chromebookとの連携という点においては、Phone Hub(スマートフォン ハブ)機能を利用して、連携しているスマートフォンの写真や動画にワンクリックでアクセスできるようになります。

この他、Windows PCでもAndroidスマートフォンをFast Pairで接続することによって、テキストメッセージの同期やNearby Shareを使用できるようになります。これは今年後半に利用可能となります。

この他、細かい点についてはGoogle公式ブログをチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ChromeOS
HelenTech