Chromebook向けのMediaTek Kompanio 828のベンチマーク比較動画が公開

mediatek-companio-828-celeron-n5100-comparison-benchmarkChromebook

昨年11月に開催されたイベントにて、MediaTekはChromebook向けの新チップセットKompanio 820と828、そして1200が発表しています。

このときKompanio 820についてはCeleron N4500と性能を比較した結果が公開されましたが、先日にはKompanio 828とCeleron N5100のベンチマーク結果を比較する動画が公開されています。

先に結果を見た感想をお伝えしておくと、思っている以上にMediaTek Kompanio 828は良さそうで、Celeron N5100にも劣らないレベルに仕上がっていることが期待できます。

スポンサーリンク

この動画では、Kompanio 828とCeleron N5100をGeekbench、Manhattan 3.0、Google Meetを使用中にTinkerCadでレンダリングしたときのマルチタスク性能、Modern Strike OnlineにおけるFPS、バッテリー駆動時間などが比較されています。

大雑把に結果をまとめておくとこんな感じです。

Kompanio 828Celeron N5100
Geekbench
(Single Core)
627572
Geekbench
(Multi Core)
22101462
GFXBench
(Manhattan3.0)
61fps40fps
マルチタスク処理
(Meet+TinkerCAD)
22s38s
Modern Strike60fps30fps
バッテリー駆動時間6.9時間4.6時間

MediaTek Kompanio 828が優れたスコアを残していて、Celeron N5100に比べると1.4倍早いレスポンス、2倍のゲーム性能、1.5倍のバッテリー駆動時間という結果になっています。

細かい点に関しては、3分程度の動画なのでご覧いただくほうが早いかと思います。

動画内で使用されているChromebookのデザインから気づく人もいると思いますが、Kompanio 828を採用したChromebookはすでにAcerが発表しており、海外では399.99ドルから販売されることがわかっています。

この価格帯でCeleron N5100と同等以上の結果が出ているのであればコストパフォーマンスはかなり良いと思いますので、期待したいところです。

日本では未発表ですが、登場すれば面白い選択肢になると思います。

AmazonでChromebookをみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech