NECが「Chromebook Y2」などの自主点検実施を発表。ネジ混入で発煙の可能性

nec-chromebook-y2-imageChromebook

NECによると、自治体や教育機関向けに販売しているGIGAスクール向けデバイス「Chromebook Y2」の一部において、余分なネジの混入が判明しており、発煙・熱損になった事案が確認されたことを報告しています。

この事案は端末の落下により強い衝撃が加わったことで、バッテリー下に混入したネジがバッテリーを破損させたためとしています。

さらに「Chromebook Y2」などのデバイスではケーブルの組み立て不良による損傷でショートし、発煙や熱損に至った事案も6件あったことを伝えています。

これらの事案が生じたことにより、NECは今後も安全に使用してもらうため「Chromebook Y2」を含む5機種について自主点検を実施することを発表しました。

点検対象のデバイスは以下のとおりです。

対象端末対象生産期間対象生産台数
Chromebook Y22020年7月~2021年10月98.6万台
Chromebook Y32021年6月~11月14.2万台
VersaPro E タイプVR VR-82020年10月~2021年10月10.9万台
VersaPro E タイプVR VR-92021年5月~2021年8月0.5万台
VersaPro E タイプVR VR-A2021年8月~11月48台

なお、ネジが混入している可能性があっても、端末を落下させるなどの強い衝撃を加えない限りはバッテリーの破損や発煙・熱損には至らず問題ないと伝えています。

今回の事案および発表についての詳細は、NEC公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech