CTLが米国で14インチの「Chromebook PX14-E/EX」をリリース

CTL-chromebook-PX-14e-ex-us-eduChromebook

昨年にも教育機関向けデバイスとして11.6インチの「Chromebook PX11-E」を発売している米国CTLから、同じく教育機関向けとして14インチの「CTL Chromebook PX14-E」がリリースされました。

このデバイスにはIntel Jasper Lakeプロセッサが搭載されていて、低価格ながらスタンダードな性能のChromebookとなります。

ただし、米国の教育市場向けデバイスとなりますので、日本から一般ユーザーが購入するのは難ありです。

スペックについては以下にまとめておきます。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ14インチ
HD / フルHD
非タッチ
CPUCeleron N4500(HD)
Celeron N5100(フルHD)
RAM4GB(HD)
8GB(フルHD)
内部ストレージ64GB eMMC
ポートUSB-C x2
USB-A x1
3.5mmジャック
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.0
サイズ327.7×228.6×18.8mm
重さ1.65kg
価格299ドル(HD)
359ドル(フルHD)

日本で発売されている一般向けChromebookで例えると、「Acer Chromebook 314」や「HP Chromebook 14a」に近いモデルというイメージです。

ただ、ベースモデルがHD解像度、Celeron N4500と4GBRAMを搭載して299ドルなのに対し、フルHDモデルだとCeleron N5100に8GBRAMを搭載して359ドルとスタンダードモデルとしても上位の性能になるため、コストパフォーマンスは優れていると思います。

企業や教育機関向けデバイスとしてはエントリーレベルのChromebookとして良さそうなモデルですが、どちらも非タッチのため一般ユーザーとしてトータル的に見ればAcerやHPのモデルが優れていますし、日本であればなおさらです。

現在、CTL公式サイトに情報が掲載されていますが、デバイスの出荷は4月からの予定となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech