Google ニュース でも配信中!

GoogleがCloud Ready改め「Chrome OS Flex」をリリース。無料でMacやPCをChromebookに

google-update-cloudready-chrome-os-flexChromeOS

2020年12月、GoogleはWindows PCやMacをChromebookのようなデバイスに変えるChromiumベースのOSであるCloud Readyを買収しました。

その後は「Cloud Ready」がGoogleの公式サービスとしてリニューアルされるという話がちらほら出ていましたが、ついにGoogle公式ブログにて「Cloud Ready」が「Chrome OS Flex」としてリリースされたことが明らかになりました。

ただし、現時点ではChrome OS FlexへのアーリーアクセスとなっていてDevチャンネルでの利用となるためバグなどが発生しています。今後数ヶ月以内にStable(安定版)がリリースされ、Cloud Ready使用中の場合はその時点でChrome OS Flexへとアップデートできるようになります。

スポンサーリンク

「Chrome OS Flex」は、基本的にはCloud Readyと同様に無料で利用することができ、Chrome拡張機能のChrome Recovery Utilityを使ってインストールディスクを作成し、全てのユーザーが使用できます。

Chrome OSとほぼ同等の機能を使用することができますが、現時点ではPlayストアとAndroidアプリのサポートが追加される予定はない(=Androidアプリはインストールできない)という点が大きな違いなのでご注意ください。

ただし、新しいハードウェアであればLinux(Crostini)を使用できる可能性があります。

GoogleからはChrome OS Flexの動作を確認済みとしてWindowsやMac、Linuxにおける認定モデルのリストが公開されています。

またデバイスの最小要件は以下のとおりです。

  • Intel または AMD x86-64ビット互換デバイス
  • 4GBRAM
  • 16GBの内部ストレージ
  • USBドライブから起動可能
  • 完全な管理者アクセスのあるBIOS(問題が発生したらChrome OS FlexのUSBインストーラーから起動してBIOSで調整する必要がある
  • 2010年以前のプロセッサやグラフィックスではエクスペリエンスが低下する可能性がある

なお企業や教育機関の場合、ライセンス費用は必要ありませんが管理コンソールとサポートにはChrome EnterpriseまたはEducationのアカウントが必要となります。

詳細についてはGoogleの公式ブログまたはChrome OS Flexの概要ページをご覧ください。