Google ニュース でも配信中!

3月22日以降、Google WorkspaceユーザーのハングアウトがデフォルトでChatに置き換わります

google-workspace-imageGoogle Workspace

先日、Googleは公式ブログにてGoogle Workspcesユーザーは2022年3月22日からハングアウトがGoogle Chatにアップグレードされることを伝えています。

Google Workspaceユーザーは、これまでチャットツールとしてハングアウトかChatを選ぶことができましたが、従来のハングアウトを廃止するGoogleの計画もあり、Chatに移行するように推奨されています。

そして今回、ついにチャットツールのデフォルトアプリ設定が「Google Chat」となり、Gmailなどから従来のハングアウトやモバイルアプリにアクセスするとチャットに誘導されるようになります。

この変更を戻すことはできず、hangouts.google.com は引き続き機能しますが、3月22日以降はGoogle Chatを使う必要があります。

スポンサーリンク

Googleはこの変更のタイムラインを指定しており、管理コンソールが「チャットとクラシックハングアウト」に設定されている場合、「チャット優先」に3月22日から3週間で自動で切り替わります。

ただし、「クラシックハングアウトのみ」に設定されている場合は、4月4日から5週間かけて自動で切り替わります。

「チャット優先」にアップグレードされると、「チャットとクラシックハングアウトのみ」と「クラシックハングアウトのみ」の設定が管理コンソールから削除されますので、データのエクスポートなどが必要な場合は移行前にGoogle Workspace 管理者ヘルプを確認しておくと安心です。

なおユーザー側では特に操作は必要なく、管理者側で設定の切り替えやデータエクスポートなどが必要になるだけです。

ハングアウトからChatへの移行は、Google WorkspaceおよびG Suite Basic/Businessのユーザーを対象としていますので、個人アカウント(Gmail)には影響しません。

詳しくはGoogle公式ブログ(Google Workspace Updates)をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Workspace
HelenTech