Lenovoが新型Chromebookを3機種発表。インテル第12世代やSnapdragon 7c Gen 2搭載

lenovo-release-new-chromebook-3-models-mwc-2022Chromebook

MWC 2022にて、Lenovoがインテル第12世代チップセットやQualcommのSnapdragon 7c Gen 2などを搭載するChromebookを3機種リリースしました。

これまでに販売されていたLenovoのChromebookのアップグレードと呼べるこれら3機種は、価格もさることながらスペックを見た限りではかなりバランスが取れていて、期待できるものとなります。

Lenovo IdeaPad Duet 3 Chromebook

国内でもお馴染みタブレットデバイス「Lenovo IdeaPad Duet Chrombook」の後継、というよりもアップグレードされたモデルなのが「Lenovo IdeaPad Duet 3 Chromebook」です。

ディスプレイ11インチ
2K
タッチスクリーン
CPUSnapdragon 7c Gen 2
RAM4GB
8GB
内部ストレージ64GB
128GB
256GB
ポートUSB-C x2
カメラリア : 8MP
フロント : 5MP
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 5.1
バッテリー最大12時間
その他USIペンサポート
サイズ258.04 x 164.55 x 7.90 mm
重さ516.5g

これも着脱式キーボードとキックスタンド付きカバーを備え、カバーには「Duet 5 Chromebook」のようにスタイラスペンを収納しておく箇所があります。

またキーボードの耐久性を高めたことと、マグネットが搭載されたのでもともとの「Duet Chromebook」とは違い閉じたときにしっかりと固定されるようになったようです。

性能や見た目から、どちらかと言えば同じタブレットデバイスでも「HP Chromebook x2 11」に近い感じとなったモデルです。

海外では価格は約400ドルで販売され、5月に発売予定となっています。

スポンサーリンク

Lenovo Flex 5i Chromebook

これまでのモデルは13.3インチでしたが、こちらは14インチになった「Lenovo Flex 5i Chromebook」です。

コンバーチブルタイプでUSIペンもサポートしている点はこれまでと代わりませんが、ディスプレイのインチアップだけでなく、アスペクト比が16:10になったことが大きな変更点です。

ディスプレイ14インチ
フルHD(16:10)
・400nits/100%sRGB
・300nits/45%NTSC
タッチスクリーン
CPUPentium 8505
Core i3-1215U
Core i5-1235U
RAM4GB
8GB
内部ストレージ64GB~128GB eMMC
256GB~512GB SSD
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C x2
USB-A x1
HDMI
3.5mm jack
カメラ1080p
ネットワークWi-Fi 6E
Bluetooth 5.0
バッテリー最大10時間
その他USIペンサポート
バックライトキーボード
サイズ315.5 x 229 x 19.7 mm
重さ1.67kg

ディスプレイは14インチの16:10、フルHDは共通していますが、400nitsと100%sRGBをサポートしたモデルと300nits/45%NTSCをサポートしたモデルが存在します。

性能面ではインテル第12世代のPentiumとCore i3、i5を採用し、最大8GBRAM、最大512GB SSDを搭載するためハイエンドなモデルです。

1.67kgとやや重たい点はネックですが、作業領域も広がったことで据え置きとしても使いやすくなっています。

価格は約500ドルから、海外では6月に発売予定となっています。

Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook

最後に15.6インチモデルとなる「Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook」で、テンキーを搭載していますが珍しくタッチスクリーンに対応したコンバーチブルタイプとなります。

ディスプレイ15.6インチ
フルHD IPS
タッチスクリーン
CPUPentium N6000
Celeron N4500
RAM4GB
8GB
内部ストレージ32GB
64GB
128GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C x1
USB-A x2
HDMI
3.5mm jack
カメラ720p
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
バッテリー最大10時間
その他
サイズ362.02 x 248.00 x 18.94 mm
重さ1.91kg

性能面ではスタンダードなChromebookと言えますが、サイズが大きいため重さも1.91kgとなかなかのモデルです。

また注意したいのはUSB-Aポートが2つとHDMIポートがありますが、USB-Cポートは左側面の1つしかないことで、タッチ操作に対応するもののUSIペンには非対応という点です。

ただ、テンキー搭載でコンバーチブルタイプのChromebookはプレミアムな価格帯の一部のモデルしかありませんので、貴重な選択肢ではあります。

価格は約400ドルから、こちらは5月から海外で発売予定となっています。

以上が今回、MWC 2022にて発表されたLenovoのChromebookとなりますが、現時点ではいずれのモデルも日本でのリリースについては不明です。

ただこれまでの傾向から、おそらくタブレットの「Lenovo IdeaPad Duet 3 Chromebook」が登場した後に、しれっと他の2モデルが出ている…という展開になるかと思われます。

Source : Lenovo 公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech