管理者がGoogle Meet使用中の帯域幅を記録できるようになります

google-workspace-imageGoogle Workspace

GoogleはWorkspace管理者向け新機能として、Google Meetを使用してWeb会議に参加している場合、参加者の帯域幅を記録するツールの提供を開始しました。

これまでは平均値の取得しかできませんでしたが、新しいツールでは送受信された帯域幅、使用された帯域幅、時間の経過に伴う帯域幅の変化をグラフで表示できるようになります。

管理者がGoogle Meet使用中の帯域幅を記録できるようになります

またグラフではデータポイントにカーソルをあわせると、数値の値とタイムスタンプが表示されます。

管理者がGoogle Meet使用中の帯域幅を記録できるようになります

Google Meetを利用したときのトラブルシューティングや会議参加者の通話品質向上、管理に役立つ機能となります。

が、この機能により”ネットワークの調子が悪いから”と言って会議から抜けるような抜け技が通用しなくなる可能性がありますので、管理者側からしたら便利かもしれませんが、参加者(ユーザー)側からしたら微妙な機能かもしれません。

帯域幅の監視ツールはすでに利用可能で、管理者は管理コンソールから[アプリ] > [Google Workspace] > [Google Meet] > [Meet 品質管理ツール] からアクセスすることで確認することができます。

この機能は全てのGoogle WorkspcesユーザーおよびG Suite Basic/Businessユーザーが利用可能です。

Source : Google Workspace Updates

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Google Workspace
HelenTech