Google ニュース でも配信中!

ソフトバンクからLTE対応「Lenovo 300e Chromebook Gen3」が4月22日より発売

softbank-release-lenovo-300e-chromebook-gen3-lteChromebook

ソフトバンクはレノボの11.6インチコンバーチブル「Lenovo 300e Chromebook Gen3」のLTE対応モデルを4月22日より発売することを発表しました。なお予約は4月15日から受付となります。

ソフトバンク直営店での販売価格は57,600円となっていて、セットとなるデータ通信の料金プランは、シェアプランが月額1,078円、3GBプランが月額990円、50GBプランが月額5,280円。

なお、日本における「Lenovo 300e Chromebook Gen3」のLTE対応(セルラー)モデルはソフトバンクの独占販売となるようです。

「Lenovo 300e Chromebook Gen3」のスペックについては以下のとおり。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 x 768
タッチスクリーン
CPUAMD 3015Ce
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
イヤホンジャック
HDMI
Webカメラプライバシーシェード付き
バッテリー約10時間
その他4G-LTE対
MIL-STD-810H
(ペンスロット)
サイズ289.6×202.4×19.9mm
重さ1.34kg
Lenovo公式

「Lenovo 300e Chromebook Gen3」自体は、2021年3月に教育市場向けでグローバル展開されていましたが、日本では取り扱いがなかったモデルです。

AMD 3015eは、国内で販売されている安価なChromebookの中でも上位の性能に位置づけられるため、学校や普段使いにおいて不満が出ることは少ないと思います。

また貴重なLTE対応の11.6インチモデルというだけでも価値はありますので、リリースで紹介されているように学校から自宅への持ち帰りだけでなく、フィールドワークなどの学校行事、もちろんネットワークを気にしないで大人が持ち出すデバイスとしてもアリだと思います。

詳細についてはソフトバンクの公式サイトもしくはレノボ公式サイトをご覧ください。