Smart LockでChromebookにログインする機能が削除されるかもしれません

chrome-os-login-material-changedChromeOS

ChromeOSが近い将来、Smart Lockの機能の一部を削除する計画があることが報告されました。Googleはこれまで、AndroidとChromeOSの連携を強める試みていますが、そのうちの一つがAndroidスマートフォンを使ってChromebookのロックを解除する”Smart Lock”機能です。

Smart Lockを利用することでChromebookと同じGoogleアカウントでログインしているAndroidスマートフォンが近くにあるとき、Chromebookにパスワードを入力しなくてもロック解除やGoogleアカウントにログインすることができます。

スポンサーリンク

今回の報告に関していくつか解釈が異なるようですが、いくつかの参考元の情報を整理するとSmart Lockを使ってGoogleアカウントにログインする機能が削除されるということのようです。

現在、Smart Lockには「デバイスのロック解除」と「Googleアカウントにログイン」という2つの機能がありますが、この変更が反映されれば「ロック解除」のみができるようになります。

つまり、天板を閉じてスリープモードにさせた状態やすでに起動した状態でロック画面が表示されていれば、そのロックを解除することはできますが、電源を落とした状態からなどから最初にChromebookにログインするときにはSmart Lockが使えないということになります。

Googleが「アカウントにログイン」という機能を削除する理由は明らかにされていませんが、セキュリティの観点からという可能性があります。ただ、アカウントによってはSmart LockでGoogleアカウントにログインすることが許可されていないものもありますので、削除されてもそこまで困らない気はしています。

なおこの変更がどのタイミングで行われるかはわかっていませんが、すぐに変更されるということではなさそうです。

Source : Chrome Story, 9to5Google, ChromeUnboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ChromeOS
HelenTech