Google ニュース でも配信中!

AcerもRyzen 5000Cシリーズ搭載「Chromebook Spin 514」をリリース

acer-release-chromebook-spin-514-ryzen-5000c-seriesChromebook

先程、HPもエンタープライズ向けとしてAMDの最新世代Ryzen 5000シリーズプロセッサを搭載したChromebook(とインテル第12世代搭載の2つ)を発表しましたが、続けてAcerからもRyzen 5000シリーズ搭載の「Acer Chromebook Spin 514(CP514-3H)」がリリースされました。

このモデルは2コア4スレッドのRyzen 3 5125Cプロセッサーから始まり、8コア16スレッドのRyzen 7 8525Cまでを選択することが可能です。以下に現時点で明らかになっているスペックをまとめておきます。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ14インチ
1920×1080
タッチスクリーン
(OP) sRGP100%
CPURyzen 3 5125C
Ryzen 3 5425C
Ryzen 5 5625C
Ryzen 7 5825C
RAM最大16GB
内部ストレージ最大256GB NVMe SSD Gen3
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
HDMI
3.5mm jack
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.2
バッテリー最大10時間
その他MIL-STD 810H
Gorilla Glass タッチパッド
DTSオーディオ
(OP) USIペン対応
(OP)バックライトキーボード
重さ約1.5kg

14インチでスタンダードなChromebookですが、AMDの最新世代で最大16GBRAMとハイエンドクラスの性能となります。通常のモデルに加えてエンタープライズ向けも存在しているため、ポート類の充実や堅牢性も確保されており、一般ユーザーはもちろんビジネスでも使いやすい1台になっています。

AcerもRyzen 5000Cシリーズ搭載「Chromebook Spin 514」をリリース

しかし重さが1.5kgあることや14インチでもフルHD(16:9)ディスプレイとなっているため、「Spin 713」などと比べると地味な印象は受けます。

価格と発売時期についてですが、「Acer Chromebook Spin 514(CP514-3H)」は北米で第3四半期に579.99ドルから販売され、「Acer Chromebook Enterprise Spin 514(CP514-3H)」は同じく北米で第3四半期に、こちらは899.99ドルから販売となります。

ちなみに日本サイトにも日本語ページが登場していますので、同時期になるか遅れるかはわかりませんが、リリースされる可能性はあると思います。

なお、HPが発表したモデルについては以下の記事でまとめていますのでそちらもご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech