BlackViewの「BL8800 / BL8800 Pro」が販売開始。早期購入割引もあり

blackview-relase-bl8800-series-01セール・クーポン

先週発表されたBlackviewのフラッグシップAndroidスマートフォン「BL8800」および「BL8800 Pro」が本日(5月23日)より販売開始となりました。現在、どちらのモデルも早期購入割引として最大55%オフで購入することができますが、500台までの台数限定と5月27日までの期間限定です。

割引後の価格は「BL8800」が219.99ドル(約3万円)から、「BL8800 Pro」は269.99ドル(約4万円)からとなっていますので、狙っていた人はお早めに。

発表時にスペックなど細かいことはまとめてありますので、今回はさらっと「BL8800」と「BL8800 Pro」の特長について紹介しておきます。

スポンサーリンク

Blackviewの「BL8800」シリーズは外装を含め構成など基本的な部分は共通しており、ディスプレイは6.58インチ IPSの2408×1080解像度、CPUはMediaTekのDimensity 700、8GBRAMと128GBストレージを搭載するミッドレンジのスマートフォンです。

Blackviewの特長である堅牢性は、MIL-STD 810H準拠や独自の耐久テスト、IP68&IP69K 防水などを備えており、タフな場所やアウトドアなどでも安心して使えるようになっています。その一方で、指紋センサや大容量バッテリー、USBーCポート、5Gをサポートするなど普段使いでも十分な機能も備わっています。OSはAndroid 11ベースのDoke OS 3.0を搭載していますので、GoogleのAndroidアプリを利用可能となっています。

基本構成は共通していますが、「BL8800」と「BL8800 Pro」の違いはリアカメラにありますが、一部を除いて使える機能などは共通しています。

異なる部分について、「BL8800」は50MPメインカメラと8MP超広角カメラ、2MP深度カメラに加えて20MPの暗視カメラ(IR ナイトビジョン)を搭載しています。上位モデルとなる「BL8800 Pro」には、同じく50MPのメインカメラが搭載されていますが、2つの2MP深度カメラと5MPのサーモグラフィーカメラが搭載されている点が異なります。

サーモグラフィーカメラはFLIRのLepton熱画像カメラが採用されており、明るさに関係なく熱源の位置を特定して画像に変換し、リアルタイムで表示・計測することが可能になっています。普段の生活ではなかなか使いこなせない機能ではありますが、業務用途として使うなどイメージが湧く人にとってはどちらも面白いデバイスだと思います。

改めて、どちらのモデルも早期購入割引として500台までの台数限定、5月27日までの期間限定で「BL8800」が219.99ドル(約3万円)から、「BL8800 Pro」は269.99ドル(〜約4万円)で購入することができますので、ぜひチェックしてみてください。