Google Chatでも悪意のあるリンクを受信したときに警告が表示されるようになります

google-workspace-imageGoogle Workspace

個人のGoogleアカウントから送られてきたフィッシングメッセージやマルウェアメッセージの可能性がある場合、Google Chatでも警告するバナーが表示されるようになりました。この警告表示はGmailやGoogleドライブですでに表示されていますので、遅れてChatでも登場したことになります。

この警告はモバイルアプリとWeb版の両方で表示され、Gmailでは組織外から送信されたメールに返信するときに警告が表示され、新しい外部ユーザーを追加するとAndroidアプリでも警告が表示されるようになりました。なお管理者は、組織に対して特定の警告ラベルをオン・オフを変更することが可能です。

この表示は、すべてのGoogle WorkspaceユーザーおよびG Suite Basic/Businessユーザー、個人のGoogleアカウントユーザーに対して有効となります。

2022年5月19日から段階的にリリースを開始しており、最大15日で展開されます。