ChromeOS 101に追加のアップデート。前回アップデートされていないChromebookにも展開

chromebook-imagesChromeOS

今週、ChromebookをはじめとするほとんどのChromeOSデバイスに対してバージョン 101.0.4951.72 (プラットフォームバージョン:14588.123.0)という追加のアップデートが展開されています。アップデートの詳細についてGoogleは特に触れていませんが、多数のバグ修正とセキュリティ更新が含まれているとしています。

スポンサーリンク

なお、今月初めにあった最初のChromeOS 101へのアップデートを一部のChromebookでは受け取っていなかったようですが、今回のアップデートでそれらの機種にも展開されているようです。

そのため、一部のデバイスではダークテーマになった起動画面や新しいランチャー、「Chrome OS」から「ChromeOS」へのブランド名変更などがようやく適用されます。なお新しいランチャーに変更されない場合は、フラグを手動で有効にする必要があります。

ちなみに海外ユーザー等の報告によると、今回のアップデートではChromeOSとChromeブラウザを切り離して動作させる”Lacros”に関する変更などが多数行われていることやパスワードチェッカー機能の修正なども含まれているようです。

アップデートの内容からすると、Googleから特に追加でアナウンスはなさそうです。いまのところこのアップデートによる致命的なバグなどは発生していません。

Source: About Chromebooks

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
ChromeOS
HelenTech