Google DuoとMeetが1つのプラットフォームに統合されます

google-workspace-imageGoogle Workspace

いつか統合されるだろうと予想されていましたが、1対1の通話に特化したGoogle Duoとグループでの通話に特化したGoogle Meetが1つのプラットフォームとして統合されることをGoogleが正式に発表しました。

最終的には「Google Meet」という名称になりますが、今後数週間ですべてのGoogle Meetの機能がDuoアプリに追加され、今年後半にDuoアプリの名称が「Google Meet」に変更されるという流れになるようです。

スポンサーリンク

今月からDuoのモバイルアプリに以下のような機能が追加される予定です。

  • 通話や会議で仮想背景のカスタマイズが可能に
  • 参加者全員の都合が良い時間に会議をスケジュールする機能
  • 会議中のチャット
  • ライブ共有コンテンツ
  • リアルタイムキャプション
  • ビデオ通話の参加者上限を100人まで引き上げる
  • Gmail、Googleカレンダー、アシスタント、メッセージなどの他のツールとの統合

MeetにDuoが統合ではなく、DuoにMeetが統合という点がポイントになるようです。今回の統合を別のイメージでいえば、FaceTimeとZoomが合体したような感じになるということですね。

ユーザー側では特に操作することはなく、時期が来ればDuoアプリがMeetへと置き換わることになります。変更はすべてのGoogle Workspaceユーザーおよび従来のGSuite Basic/Businessユーザー、個人のGoogleアカウントユーザーに展開されます。