Fitbitが新しい睡眠プロフィールをリリース。プレミアムメンバー向けの新機能

ウェアラブル・周辺機器

GoogleがFitbitのアプリに新機能として、ユーザーの睡眠改善のために役立つ「睡眠プロフィール」をリリースしたことを発表しました。この機能は睡眠パターンを縦断的に分析し、睡眠の質を改善して健康状態を改善するための対策が取れることを目的としたものです。ただし、睡眠プロフィールの機能はプレミアムメンバー向け機能となっています。

スポンサーリンク

「睡眠プロフィール」は昨年末からテストされていたようですが、この機能は睡眠習慣を6つのグループに分類するようなものです。睡眠の質を測定する10個の異なる指標を使い、睡眠スケジュールや熟睡前の時間、睡眠の中などから睡眠のパターンと睡眠の質を1ヶ月間の結果として表示します。そのため、睡眠プロフィールを作成するためには一定期間以上(少なくとも14泊)の睡眠追跡が必要となります。

この結果を6つの動物(キリン、クマ、イルカ、ハリネズミ、オウム、亀)に例え、睡眠の特長と習慣、それが日常生活にどう影響するかを教えてくれます。結果は毎月1日表示され、動物は月ごとに変わる可能性もあり、結果をもとに睡眠習慣を把握し、改善に役立てようということです。

なお睡眠プロフィール機能は、FitbitアプリでSense、Versa 3、Versa 2、Luxe、Inspire 2、Charge 5のデバイスで7月4日の週から展開され、要件を満たしたユーザーは8月1日に結果を見ることができます。

「睡眠プロフィール」の詳細についてはGoogle公式ブログをご覧ください。