Samsungの14.6インチAndroidタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」が販売開始

Android

本日(2022/06/23)から、14.6インチのAndroidタブレット「Samsung Galaxy Tab S8 Ultra」が販売開始となりました。すでにAmazonなどでは予約を開始していたのでチェック済みの人も多いハズ。

海外では今年2月、日本では今年4月に発表されており、同じタイミングで投入が明らかにされた12.4インチモデル「Galaxy Tab S8+」はすでに発売されていますが、「Tab S8 Ultra」は6月下旬以降に発売となっていました。

スペック

OSAndroid 12
ディスプレイ14.6インチ
2960×1848
SuperAMOLED
120Hz
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM12GB
内部ストレージ256GB
外部ストレージ microSD(最大1TB)
リアカメラ13MP
6MP
フロントカメラ12MP
12MP
バッテリー11,200mAh
ネットワークWi-Fi 6E
Bluetooth 5.2
その他画面下指紋センサ
Dexモード
S Pen付属
サイズ326.4×208.6
×5.5mm
重さ726g

「Galaxy Tab S8 Ultra」は、14.6インチに有機ELディスプレイを採用、120Hzリフレッシュレートと240Hzのタッチレスポンスをサポートし、Sペン対応(付属)、Snapdragon 8 Gen 1と12GBRAM/256GBストレージを搭載するハイスペックなタブレットです。

リアカメラカメラは13MP+6MPのデュアル仕様、フロントカメラも12MP+12 MPデュアルとなっていて、Wi-Fi 6をサポート、画面内指紋センサなど豪華な仕様となっています。Androidタブレットはミッドレンジのスペックが多いため、ハイエンドタブレットは貴重な存在です。

価格はAmazonでは141,800円(2022/06/23)で販売されており、家電量販店などでも取扱があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech