CTLがタッチ対応14インチ「Chromebook PX14EXT」を海外で発表

ctl-release-chromebook-px14extChromebook

CTLが教育や在宅勤務向けの新しいモデルとして、Chromebook PX14シリーズにタッチスクリーン対応モデルを追加したことを発表しました。この新モデル「CTL Chromebook PX14EXT」はインテルのJasper Lakeプロセッサと8GBRAM、64GBストレージを搭載しているため、日々の授業や事務作業であれば十分にこなすことができる性能となっています。

スポンサーリンク

スペック

CTLがタッチ対応14インチ「Chromebook PX14EXT」を海外で発表
ディスプレイ14インチ
1920×1080
タッチ対応
CPUCeleron N5100
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
3.5mm jack
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.0
Webカメラ720p
バッテリー
サイズ327.66 x 228.60
x 18.796mm
重さ1.65kg
自動更新ポリシー2029年6月
価格499ドル
(限定399ドル)

全体的にバランスの良いスタンダードなChromebookで、事前注文時の価格が399ドルというのはコストパフォーマンスに優れていると思います。ただ、日本から注文することができないことや、今のドル円で考えると約55,000円(約68,000円)となってしまうことがネックです。しかし399ドルで購入できるChromebookとしては良いモデルに違いはありません。

一応、CTLのChromebookも一部の製品はAmazon.comから購入することができますが、現状では11インチモデルでこの新モデルはないこと、日本直送は不可となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chromebook
HelenTech