「Pixel 7」シリーズのフロントカメラは4K動画に対応、Pixelタブレットは一部機能なしの可能性

Google-android-camera-app-imageAndroid

先日、GoogleはAndroidのカメラアプリを最新バージョンとなる8.5にアップデートしています。このアップデートに伴い、「Pixel 7」シリーズと来年発売予定の「Pixel タブレット」の写真と動画撮影の機能に関する情報が発見されました。

スポンサーリンク

9to5Googleによれば、新しいバージョンのカメラアプリを解析したところ「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」はフロントカメラで4K動画を撮影できる可能性があることを報告しています。「Pixel 6」シリーズでは「6 Pro」のみが4Kセルフィーに対応し、「6 Pro」は11.1MPカメラを搭載していますが「6」は8MPカメラのためフルHD動画に限定されていました。まだ詳細は不明ですが、現行からアップデートされた点として考えられます。

なおカメラ自体について、少なくともリアカメラは「Pixel 6」シリーズから変更はないとされていましたので、フロントカメラだけがアップデートされている可能性があります。ただこれもどのカメラが使用されているかはわかりません。

また報告では「Pixel タブレット」のカメラ機能にも触れられており、デバイスの詳細は限られていますが「Pixel タブレット」には1つのリアカメラだけが搭載されるようです。それに伴い60fpsの4K撮影がなくなっているだけでなく、そもそも4K撮影自体がサポートされておらず、それ以外にもスローモーションやアクションパンなどの機能もなくなっている可能性があるとしています。

とは言え、タブレットデバイスが写真や動画撮影に使うことが便利なわけではないですし、コストを抑えるために機能を減らしたと考えることもできますので、悪い話ばかりではありません。

まだ詳細は限られていますが、リリースが近づくにつれてさらに情報が出てくると予想されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech